大人のピアノレッスン 譜読みをゲームのように「楽しい!」と楽しめるコト

ピアノ塾

今日、大人の生徒さん(アマチュア初心者)が面白いことを言ったので、それを書きます。

彼女はレッスンを初めてまだ数回の初心者

現在レッスンでやっているものは、
ソルフェージュを兼ねて、指のトレーニングの為に
1. 指くぐりのない5本の指のエチュード(コルトーのメソッドから)
*ご参考にコルトーの楽譜はこちら*

大譜表で超簡単な曲の集まった、
2. 大人用の初心者用の教材
こちらはオーストリアの教材なので残念ながら日本のアマゾンにはありませんでした。

そして、美しいメロディーで楽しく音楽的なテクニックをつけるため、
3. ギロックのサラバンド
*ギロックの響きは美しいのでハートを鷲掴みします。超おすすめの教材です*

などなどをやっています。簡単なスケールも入ります。

時間の無駄なく、ある程度の到達点に達することができるように、練習の仕方などを一緒に実践しています。

最近、ピアノを購入したので練習にさらに熱が入り、サラバンドの左手は手首を柔軟にして、リズムを正しく、しかし心地よい伴奏が出来るようになってるし、右手も、これまたいい感じでレガート奏法ができてきています。レッスンはじめてまだ数回目ですよ!

すごいよね、やる気があると。

しかしながら、その彼女が、

「これ、やってみたの。聞いてくださる?」

と言って大譜表に書かれた両手の簡単なもの(私にとっては!)を両手でいきなり弾き始めました。
途中、「ああ〜〜〜!」とか「うっ!!!」とか言いながらも最後までなんとか弾きました。

「毎回言うように、はじめっから一緒に弾くと時間の無駄だから、左右別に練習したほうが仕上がりが断然早いのよ〜」というと、

「わかってるのよ。でもね、いきなり一緒に弾くと、ゲームをやっているみたいでスリリングで楽しいの!!!」
と彼女。

両手でいっぺんに弾き始め、「次の音は左はこれ、右はこれ、間違えないでここまで弾けた〜〜〜!」みたいにやると、楽しいらしい。早く曲を完成させることが目的ではなく、その場でできるかどうかを楽しみたいのですね。う〜ん、頭のいい人の考えることは面白い。

「OK、それは『初見の練習』として別にやりましょう!」と提案しました。

こんな行き当たりばったりの弾き方で練習をされたら困るので、毎回のプログラムに『初見練習』を付け加え、このゲームを楽しんでもらうことにしました。

本当にクリエイティヴな人がいるものです。
こちらが習うことも多い毎日です。

*ランキングに参加しています。こちらをポチッと押していただけると喜びます♪♬♫*