欧州と日本、ピアノやヴァイオリンのレッスンのようすの違い

cariari音楽留学

*写真はイタリア、カリアリでのマスタークラスのお教室*

クラブハウスでしばし質問されることのひとつに
「日本と欧州ではレッスンはどのように違いますか?」
があります。

基本的に、日本と外国では生活習慣もメンタリーティーも違うので、それはレッスンにも現れます。どちらが良いとか悪いとかではなく、ただ単に「違う」ところは沢山あります。

私はこちらの生活の方が長いので、日本のレッスンの様子や習慣を忘れがちですが、たぶんこの数十年で変わったことも多いことかと思います。
それでも思いつくのが、以下のようなこと。

そのひとつは、こちらでは教授に対して学生が質問することは当たり前だということです。
(もちろんこの場合の質問とは音楽に関することで、個人的な質問ではありません)

これもすっかり忘れていたのですが、私が日本にいたときは、「こんなことを聞いては失礼なんじゃないかしら?」とか「教授のご機嫌が悪くなるのでは」と思う事が多かったです。
私も、何かを聞きたい場合は熟考したし、どういうふうにお聞きしたら失礼に当たらないんじゃないかと、寝る前などにウダウダ考えていました。

こちらの学生は、よほど繊細な人でない限り、そんなことは考えません。

例を挙げると、レッスン中に「ここのフレーズ、指が回らないんですが良い練習方法あります?」なんて普通に質問します。

これが日本だったら、

「『あなた、そんなことを今になって質問するの?日頃の勉強がなってません!!!そんなことは前にも教えたでしょう?』って怒られるんじゃないかしら?ああ、それなら聞かないでおこう。付点でさらえばまあ、いいっか」

みたいな具合です。

マスタークラスを見ていても同じことがいえます。
日本からの学生さんは控えめで大人しく、教授がいうことをうなずいて聞き、実行しようと努めます。

一方、他の国の学生は自分から何かを質問する事が多いです。

しかし、質問の仕方も色々で、自分が弾けないところを延々と言い訳したり、理由もないのに教授の解釈に反対してみたり(実際にこういうの多い)いうまでもありませんが、こういう学生達と比べれば日本の学生さんは愛される確率は大きいですが。。。。

何事も「中庸に」が肝心かもしれません。

日本では日本のやり方があるので、あえて変える必要もないと思いますが、海外のマスタークラスに参加したら、ちょっと冒険してみるのも良いかもしれませんね。