オーストリアでのネットリテラシー 音楽教室やコンクールにおける子供の顔出しなど

オーストリア・ウィーン情報

先日、クラブハウスで金久保先生が開かれたお部屋で
「音楽教室でのネットリテラシー」
についてのお話に参加させていただきました。
その時にお話ししたことをちょっと書いてみます。

以前、違うお部屋で、日本では生徒さんの写真やビデオ、コンクールなどのYouTubeで本名、学校名などが出てしまうと、
ストーカー被害や、
他の親御さんからの意地悪
などの被害が起きる場合もあるということを伺って、

「日本ってそうなんだ!コワイ!」

と、とても驚いたことがあります。

こちらでは国内コンクールのプログラムに子供の本名も師事する教師も所属する音楽機関の名前も明記されます。どの国際コンクールも氏名、写真がウェブサイトに公表されます。

それが嫌ならコンクールに出ること自体をやめなければいけないので、

そこは日本と違うので興味深いと思いました。

欧州でコンクールのプログラムに写真や名前が出たせいでストーカー被害にあう、なんてことはちょっと想像できません。

しかし、欧州では守られるべきところで子供たちは非常に守られています。

まず第一に学校

インターナショナルスクールやアメリカンスクールなど
特に要人の子供たちが通うような学校のセキュリティは特に厳しいです。

私の子供たちが通った、リセ・フランセでも小学生や幼稚部のお迎えは登録された、限られた人しかすることができませんでした。
誰でも構内に入れるわけではないのです。構内に入ろうとすると、

「あなたは誰ですか?」

と厳しい身分証明チェックが入ります。
てか、入れません。

なぜかというと、怖いのはストーカーなんて変態じみたものではなく、

「誘拐」です。

政治情勢によっては、特定の国の子供達が危険にさらされる場合もあるからです。

日本では個人の音楽教室などで生徒さんの写真やビデオを掲載していて、たとえ親御さんがOKを出していても、

それは危ないのではないか

という話がクラブハウスで出ました。
何か事件があったり、訴えられたりしたら怖い、というお話でした。

私からしてみると、自分のウェブサイトに生徒の顔出しなんて上記の理由から

想像できません。

神童風味の子供の演奏を親御さんが率先してYouTubeにアップしている例はどの世界でもアリですが、
それはまた他の話です。
危険を冒しても名を売っていく親御さんはたくさんいますが、こちらは世界が違うので比べることはできません。

私の知る限りで書きますと、子供向け(でなくても)の音楽関係の夏期講習やコーラスのイベント参加など
事前に親御さんに契約書にサインをもらいます。

「子供の写真を講習会のウェブサイトに載せることを許可する」とか「許可しない」
等々です。

これにサインを貰えば、主催者にとっては、後から問題が起きることもありません。

サインするかどうか、親に一任されるので、そこで親御さんも考える機会を与えられます。

欧州の方が日本よりも肖像権については当たり前にドライに行われていて、合理的かもしれません。

こちらはご参考に!!!