ウィーンの音楽大学で学位を取得するということ 学士・修士 合計最低6年

音楽留学

私の娘はウィーン国立音楽大学の演奏学科にヴァイオリンで在籍しています。

彼女はウィーンで生まれたので、自分の教授教えるウィーン国立大学や現・ウィーン私立音楽大学、ザルツブルクのモーツァルテウム音大の予備科に10歳ころから所属したので、うちにとって在籍している状態が当たり前、の状態が今も続いています。

レッスン料は無料だし(学費に含まれるから)音大でヴァイオリンも借りているし、ホールも簡単に使えるなど当たり前にできています。

しかしその娘もそろそろ第一ディプロマの演奏試験を受けるというので、音大のシステムを眺め、今更ですがびっくりしました。

なんじゃ、このシステムは!!!

日本では音楽大学が4年、大学院なら2年、が普通だと思います。

こちらはウィーン国立音楽大学・ヴァイオリン科のシステムですが、全体を通じて最低12ゼメスタ(学期)かかります。6年ですね。
まず初めの8ゼメスタ(4年)後に第一ディプロマの演奏試験を受けることができます。
これを受けるには、副科の授業(音楽史だオケだ室内楽だと色々)をクリアしていなければなりません。

娘のように海外の講習会に1週間以上定期的に参加したり、コンクールに参加する場合、初めの4年で単位を取ることはまず不可能です。だって、ウィーンに不在で取れない授業が出てきちゃうから。実際うちはここまでで6年かかっています。

それは良いとして、最悪なお話はこれから。

数年かけてこの第一ディプロマの演奏試験を通過しても、なんと大学卒業のタイトルである学士がもらえないのです!!!
こんな酷いこと、ありますか?
ピアノ科は数年前に「これはまずい」と言うので「バチェラ(大学)」と「マスタ(大学院)」が切り離されたそうですが、弦楽器はこの変なシステムのままなのだそうです。

簡単に言うと、ウィーン国立音楽大学の器楽科は、出口にいわゆる「大学院」しかないと言うことです。ドイツ語でいうと、学位は、Magistra artium(Mag.a art.)またはMagister artium(Mag.art.)

どんなに頑張っていても、途中でやめちゃえばゼロと同じなのです。

第一ディプロマの演奏では私の暗記している限りでも、バッハのソロソナタ、パガニーニのカプリス2曲、コンチェルト全楽章、ソナタ、モーツァルトのコンチェルト、それに加えてオケスタ(オケのトゥッティのむずかしい箇所)3曲、みたいなもの、合計1時間くらいのプログラムを演奏しなければいけません。それなのにそれをこなしても「大学卒業」のタイトル「学士」が貰えないってなんてことでしょう。

実際、在学中に有名なオケに入った人もいますが、オケに入ったら大学に通って単位を取るのは不可能です。よって有名オケに入っても「高卒」。

機関によっては、学位で給料が決まるので、実際にソリストとしての実力があっても、緩い学科で修士をとっている人の方が給料が高くなる、などの納得のできない結果も出てくるそうです。改善されることを祈ります!