オーストリアから 外国に住んで「差別をうけること」について考える

オーストリア・ウィーン情報

オーストリアから 外国に住んで「差別をうけること」について考える

いつものようにクラブハウスでルームに入って実際におしゃべりに参加したり、聞く側に回って、みんなのお話を興味深く伺ったりしています。時間差があるので「外国に住む日本人のルーム」を覗く機会が多いのですが、そこで驚いたことのひとつに日本人として(アジア人として)ひどい差別や対応を受けた人がこんなにも多いんだ!!!、があります。

以前にも書きましたが、私はオーストリア・ウィーンに住んでショックな差別を受けたことは2回しかありません。

オーストリア、ウィーンが特別に人種差別が少ない都市だとは言いませんが、特に差別の多い都市だとは思いません。それでもウィーンでひどい差別を受けた人の話を聞いたことはあります。

中国語を真似したような言葉で冷やかされた(チン・トン・シャンとか)、ダイレクトに「外人、出ていけ」「ああ、これだから外人は」と言われた、「外人」という言葉は使われなかったけれど、「差別と感じた」。。。

では、私はなぜ、たった2回しか差別経験を受けなかったのでしょう?

その答えは簡単で、差別をされそうな場所・人を避けて生きてきたからです。ここに明記しませんが、差別をされそうな場所は住んでみればわかるし、「差別をしそうな人」についても勘でわかります。

そして外国で生きるに際して、差別をされそうな振る舞い、格好、を避けるようにしていたと思います。例えば、子供達のお迎えに学校に行く時にはあまりボロボロな格好はしませんでした。私の見た目が東洋人なので、あまりひどい格好をしているとお手伝いさんやベビーシッターを間違えられてしまいます。

人間、中身が大切で見た目は関係ない、という人もいると思いますが、この問題に関して、私はちょっと違うと思っています。人は第一印象で人を見ます。シャネル・スーツを着ましょう、と言っているのではなく、きちんとした、スキのないモノを着る、ということです。

人と話す時は、ビクビクせずに目を大きく開いて相手を見て、はっきりと話すこと。
(実際はそんなに出来なくとも)自分からさりげな〜く「私はドイツ語がとてもできるの。ここにもう、長く住んでいるのよ」アピールをする。

これはコロナ禍で中国人が怖がられる去年からは特に意識してやる自分がいます。
そうすると相手は安心するのです。

差別は知らないものに対する恐怖心、警戒心から生まれます。

それでも差別的な言葉をかけられたり、態度を取られた場合、きちんと言い返せるようにその文章も態度も準備しておきます。これだけで心の余裕はバッチリです。
(しかし相手が凶暴な場合は逃げるに限ります。関わらないこと!)

外国に差別を受けずに住むのに、こんなめんどくさいことをやらないといけないのね、と思うのではなく、これを楽しんで生活するのもひとつの手かもしれません。