オーストリア・ウィーンから 私が感じる「音楽の都・ウィーン」小学校のお教室のオルガン

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア・ウィーンから 私が感じる「音楽の都・ウィーン」小学校のお教室のオルガン

昨日は
日本から見た「音楽の都ウィーン」と
私の感じる実際のウィーンの違い

「ピアノのお稽古」を例に
書いてみました。

沢山のコメントや
面白いご質問をお受けしました。
ありがとうございます〜。

やはり多くの方が
「ウィーンでは各家庭にピアノがあって、
子供が習っている」

と思っていらっしゃっるのが分かり、
興味深かったです。

私も以前、
外国人から

「日本の子供達は全員、
ちいさい時からニンジャを習うんだよね!」

と自信を持って言われ
驚いた覚えがあります。
違いますよね。。。。。

柔道とかならわかるけど、
なぜにニンジャ
逆に習ってみたいです。
ドロンと消える術とか。。。。

さて、ウィーンで
ピアノ教育が日本ほど
一般に普及していないことを、
ウィーンの小学校のお教室をのぞくと
わかります。

もう数十年昔の話、
私の通っていた小学校の
殆どすべての教室には、
小さなオルガンがありました。

足でバフバフ踏むと
音がでる仕組みになっています。
(今はさすがにないと思いますが)

高学年になると
音楽室に移動して
音楽専門の先生の授業受けるのですが、
音楽室には立派な
ヤマハのグランドピアノがありました。

ウィーンにはピアノ自体が存在しない
学校
だってたくさんあります。
驚くでしょう?
私もはじめは、
まさか!ピアノ、いらないの????
と悲しくなりました。

私の小学校時代、
東京都23区内ですが、
音楽の授業では、
担任の先生が伴奏らしきモノを
弾いてくれた覚えがあります。

小学校の先生になるためには、
ピアノある程度弾けなければいけなかったのでしょうか?
よく知らないのですが。。。

いずれにせよ、
「音楽の都ウィーン」の小学校の教室すべてに
オルガンが置いてあるというのを
見たことがありません。

音楽の授業といっても、
学年や専攻によって、
あったりなかったり。

音楽に特別に力を入れている
学校でない限りは
合唱といってもただユニゾンで歌うだけ。

先生がたまに趣味のギターを持ち出してきて、
伴奏することはあるようです。

どう見ても日本の方がリコーダーだ、
ピアニカだ、エレクトーンだ、打楽器だ、
3部合唱だなんだと
かなり充実している
ように
思える私です。

お稽古事に関しても
行ってその場で楽しめる
テニスや乗馬
サッカーやコーラス
が好まれて、

家にまで持ち込んで
練習をするという器楽

親に特別なこだわり
(親がクラシックファン等)
ない限り、
ちょっと面倒くさい
というのが
本音かもしれません。

しかしながら
わざわざピアノを習いに来るような
子供達

ひょっとしたら
クラシック・リテラシー
高い気がします。

子供の好みを確かめるために
「他にどんな種類の音楽が好き?
やっぱり流行りのモノとか好き?
ピアノで弾きたいと思う?

と水を向けるのですが、

ほぼ全員が、
クラシック以外のポピュラーな(?)
分野の歌手や曲名を聞くと、
顔をしかめて(これが面白い)

「やっぱりピアノは
モーツァルトかショパンが弾きたい!
でもくるみ割り人形も好き!」

というので感心します。

生活にクラシック音楽が
根付いている
というか
こういうところが、やっぱり
私の思う
「音楽の都、ウィーン」
です。