ピアノのお部屋

ピアノのお部屋

ウィーンの住宅事情をちょっとだけ 何を優先するか、を明確にするのがよし

以下、全く私の感想です。個人の見解。なので「へーそうなんだ」くらいで読み飛ばしてくださればと思います。 ウィーンで住宅を探す場合ですが、それはもう、それぞれの立場によって全然違ってきます。 企業等の駐在の場合は、機関が家賃もある...
ピアノのお部屋

音出しできる物件を探すのは、ウィーンでもやっぱり大変ですよ、というお話

はい、あっという間に2月1日になりました。 今日は久しぶりに近況を書いてみたいと思います。 まずは、「引っ越しが決まりました〜〜〜!!!」 いや、簡単じゃないですよ。グランドピアノ持って「レッスンもしますよ、アタシも弾きますよ...
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリンのレッスン、何歳から、いつから始めるのが理想?

アジアやアメリカの一部では、「まだこれ、赤ちゃんでしょう〜?」という年齢からヴァイオリンやピアノを習わせることが、めずらしくありません。 実際にそれでプロになっている人もいるし、その子に合った年齢や環境、というものがあるので、一概には...
スポンサーリンク
ピアノのお部屋

東洋人ママに向けられる偏見のアルアルと他人の言うことなんて気にしない人が勝ち、の件

どこの国に行っても偏見というものはあるのだなあ、と思うのですが、今日はそのことについて書きます。 まずは東洋人のママが「教育ママ」だという偏見。これはオーストリアに住む幾らかの日本人ママが経験しているかもしれません。 例えば、自...
ピアノのお部屋

音楽家と美食 食べることが好きな人はピアノやヴァイオリンも上手という件について

これは、本当に絶対にそう!と言いたいのは、私が食いしん坊で食べることが大好きだからです。 という自分勝手な解釈は別にしても、私の周りの音楽家で美食家が多いのは事実です。 「食べることに興味がない」とか「食べること自体が面倒くさくて」...
ピアノのお部屋

ピアノの理想の手のかたち「いつも手の中に卵を」の弊害「30センチの物差し」の思い出

素人の母親が、 「ピアノの理想の手の形は、いっつも手の中に卵が保たれている状態で、それが崩れたら絶対にダメ!」 という情報を仕入れてきて、おうちで練習する子供の横に座り、30センチの竹の物差しを持ち、少しでも子供の卵が潰れると、...
ピアノのお部屋

欧州と日本、ピアノなどのレッスンの違い。こちらの教授も大変な件

*写真はウィーン、ラッセルパークにあるブラームスの像* いつか書いたことがあると思いますが、こちらの学生は教授に対して質問をすることは普通だし、思ったことを伝えることも普通です。 今日は、その、ちょっと行き過ぎた例をご紹介。 ...
ピアノのお部屋

継続は力なり ピアノ上達のコツは簡単、規則的にきちんとレッスンを受けること

さて、まずはケーキのご紹介から。 今日のアイキャッチのケーキはウィーンのパン屋さん、Der Mannのマローニシュニッテです。これは秋の定番で、私の最も愛するマロンケーキの一つです。本当にフレッシュで美味しいの〜。 はい、本題です。...
ピアノのお部屋

ピアノでもヴァイオリンでも、誰かに聴いてもらって素直な感想をもらうことの大切さについて

今日、これについて書こうと思ったのは、娘がしつこく「ねえねえ、この前のクラスコンサートのビデオ、送ったんだけれど、フィードバック送ってちょうだい」とラインしてくるからです。 成人してからは特に、彼女は人のアドヴァイスを素直に聞くように...
ピアノのお部屋

ピアノに向いていない子、とはどんな子供?そんな子いるの?

「ピアノ」という言葉をGoogle検索にかけると、続く候補の名詞が自然に上がってくるのですが「ピアノ」に続いて「向いていない子」というのが出てきました。 こうやって出てくる、ということは多くの人がこのワードで検索をかけているわけで、グ...
ピアノのお部屋

本番で「震えるほどあがる」ということについて解決策は?大丈夫、この世に解決できない問題は、あんまりないものだという話

演奏家を目指す人にとって、ネックになるのがこの、「あがる」という現象です。 私の知っているスペイン人は、ヴァイオリンがとても好きで音大も卒業したのですが、どうしても人前で弾くとぶるぶる震えあがってしまって、頭が真っ白になってしまって弾けな...
ピアノのお部屋

学校での合唱ピアノ伴奏 合唱部の思い出「美しき碧きドナウ」

今日はピアノ合唱の伴奏について書いてみたいとおもいます。 ピアノをやっている人で、いやでも遭遇するのが小学校や中学校・高校での合唱コンクールなどでの「ピアノ伴奏」です。 私は幸か不幸か、毎年伴奏をやっていて、同じくピアノを習う親友と...
ピアノのお部屋

ピアノや語学の練習は、テンポにちょっとブレーキをかけるだけで余裕ができて上手くなるという話

*さ〜て、本題に入る前にマロンケーキをおひとつ。これは、うちの近くのBürgerというケーキ屋さんのもの。マロン、大好き* さて、今日のお題、これ、本当なんですよ。 私がウィーンに来たばかりの頃、よくこちらの友人に言われました。 ...
ピアノのお部屋

音楽家としてどれだけ「事故」に気をつけるか、のおはなし

楽器を専門に勉強し、音楽大学に行くようなレベルになると、演奏、または教える、ということが将来の生業になってきます。 で、演奏家の場合はもちろんですが「弾いて(歌って)なんぼ」弾かなければ収入につながらない、ということです。 はい...
ピアノのお部屋

ピアノもヴァイオリンも、まずはお手軽なコトを「ちょっとなおす」だけで、ワンランクレベルアップできるお話

その昔、ヴァイオリンの巨匠、ザルツブルク音楽大学などで教えていらしたイゴア・オジム先生のマスタークラスでのことです。 ある学生が、カルメンファンタジーを演奏したのですが、なんかはっきり言ってイマイチ。こう言ってはなんですが、B級ランクの演...
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリンの騒音問題についてウィーンの場合

音楽を学ぶものにとって一番の悩み、と言っても良いかもしれません。 騒音問題。皆さんどうしていらっしゃいますか? 日本の多くの音大生、ピアノの先生方は防音設備をしていらっしゃるそうです。ピアノ以外でも騒音が原因で怖い事件が起きることも...
ピアノのお部屋

ピアノでもヴァイオリンでも、ステージマナーあれこれ スマートに素敵にスマートにこなすコツは?

以前にも何回か書いていると思いますが、ステージマナーのお話です。 「本気組」の子供たちが集まる門下では、ステージマナーについても初めから、かなりしっかりと指導を受けます。ムスメが指示したウクライナ出身のヴァイオリン教授の元では、子供た...
ピアノのお部屋

ピアノの上達の秘密とは あたりまえすぎるけれど、ピアノの練習を毎日の習慣にすること

東欧系の生徒さんの親御さんは熱心で、たとえ趣味であってもピアノをきちんと学ばさせようとして下さいます。偏見ではないのですが、西欧と東欧、「ピアノやヴァイオリンに対する親の構え」が、もうこれは圧倒的に差があります。日本に似ています。「きちんと...
ピアノのお部屋

大人のピアノ 例えば、「暗譜はできない!」と思いこみ、決めつけるのはやめよう。きっとできるかもよ。

プロであっても、大人になってから新しいことを始めるのは「歳のせいで無理だ!!!」と思い込み、決めつけている人は、結構います。 ある、もうかなり昔に引退したコレペティの先生は「絶対に新しい曲はやらない!(なぜなら歳を取っちゃってできない...
ピアノのお部屋

ピアノでもヴァイオリンでも「うちの子、うちで全然練習しないんですけれど、どうしたらいいですか?」

ご存じ、熱心な親御さんが、絶対にいう言葉のナンバーワンです。 私もヴァイオリンではありますが、ムスメが子供の頃先生に、それはもう、何万回も言った言葉です。 結論、私の場合でありますが、趣味であれば、別におうちで毎日2時間とか練習しな...
スポンサーリンク