ヴァイオリンのお部屋

ヴァイオリンのお部屋

ピアノでもヴァイオリンでも、必死な親御さんは子供にとってやっぱり「ありがたい」ということ

ムスメが素晴らしい教授の元で勉強させていただいている関係で、私のまわりにはガチな「プロ本気組親御さん」がたくさんいます。確かに色々な親御さんがいるのですが、最近私が目にして本当に微笑ましいと思ったお母さんのお話です。 彼女は音楽家では...
ヴァイオリンのお部屋

コンサートに来てくれると言うことはとてもありがたいことだと言う話

わざわざ時間を作り、たとえお天気が悪かったとしても、コンサートに来てくれる。これはとてもありがたいことなのです。たとえそのコンサートが無料だったとしても同じ事。数十ユーロのチケットを購入して来てくださるとなるともう、それは本当にありがたいこ...
ヴァイオリンのお部屋

ピアノやヴァイオリン「親のサポート」親だって疲れるからムスメ元気で(たまには)留守がいいというお話

はい、その通りでございます。 昭和の時代は「亭主元気で留守がいい」なんてCMが流行りましたが、私はお金を運んでくれるような亭主はいないのですが、ヴァイオリンをやっているムスメだけではなく、音楽と全く関係のない仕事につく息子に関しても、...
スポンサーリンク
ヴァイオリンのお部屋

ピアノでもヴァイオリンでも「親のサポート」について 伸びる子の親(6)「本気組」の場合は?

*今日の写真は3年ぶりのザルツブルク、ミラベルガルテンをモーツァルテウム音大のテラスから写したものです。なんと2年ぶりのアカデミー、最高です* 「伸びる子の親」については、今まで何度か書いてきたのですが、やや、「普通のお稽古におけるケ...
ヴァイオリンのお部屋

オーストリアからヴァイオリンの先生の探しかた②専門編 体験談から納得のいくように

先日の続きです。そこでは「一般的なバイオリンの先生の探し方」のテーマで書いたのですが、今回は「やるなら初めから専門的に」という風に、特化して書いてみます。あくまで私個人の体験と考えです。 納得のいく先生を自分の力で探すこと うちの体...
ヴァイオリンのお部屋

ヴァイオリンの先生の探しかた① 本気でヴァイオリンをやろうと思ったらどうする?

ヴァイオリンの先生を探す方法をご案内しています。
ピアノのお部屋

本当に難しい「子供のヴァイオリン」のピアノ伴奏について(共演でなくサポート)

伴奏談義は多くの人の温かいご意見をいただいて、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。 今日は自分の失敗談をもとに、「子供のヴァイオリン」の「ピアノ伴奏」について書きたいと思います。この場合、あえて伴奏としました。なぜなら、多くの...
ヴァイオリンのお部屋

ヴァイオリンもピアノもスケール練習を習慣つけることはやっぱり大事だよ、という件について

ピアノにおいて、スケールを徹底的に弾き込んで自分のものにすると、こんなに良いことが沢山あるよ〜、というようなことは今まで沢山書いてきたのですが、今回はヴァイオリンのスケールについて書きます。 ヴァイオリンの事について書くと、うちの娘が...
ヴァイオリンのお部屋

楽譜談義、「本気組」の楽譜は一体どうなっているのでしょう? 書き込みあれこれ

*写真はムスメの昔懐かしの楽譜拡大コピー。分数ヴァイオリンだったので、弓もすべて分数用なので今は通用しませんが、良い思い出です 昨日は私の酷く色塗られたブルグミュラーに、沢山のご意見をいただいてありがとうございました。 どの先生も、...
ヴァイオリンのお部屋

もっとたくさん練習してくる、レベルの高い生徒が欲しい!と思う人の望みを叶えるには?

ウィーンでの話です。日本のお話ではありません。 ここ、オーストリアで、あるヴァイオリン教師がわたしにこう言いました。 「もっとレベルの高い生徒が欲しい!!!ウィーンの街の子供たちは全然練習してこないし、親も全然協力的じゃない。こんな...
ヴァイオリンのお部屋

モーツァルト ヴァイオリン•コンチェルト第5番

今日はムスメがYouTubeをアップしたので、ご紹介します。 よかったら聴いてあげて下さい。
ヴァイオリンのお部屋

ヴァイオリンのレッスン はじめのコンチェルト リーディングのop35 h-mollの思い出

リクエストがあったのでちょっと触れてみます。ヴァイオリンの初期学習に興味のある方が、どのくらいいらっしゃるかわからないのですが、まあ、娘の場合です。 ヴァイオリン指導者の先生、どのかたも自信を持って指導をなさっていると思うので、あくま...
ヴァイオリンのお部屋

娘リザ・マリアのヴァイオリン演奏 バッハのソロ・ソナタからラルゴをお届けします〜

今年も残すところあとわずかとなりました。 娘のリザ・マリアが久々にYouTubeに演奏をアップしたので、お時間がある方は聴いてやってくださいませ。短いラルゴです。 自宅での録音なので、生活感見え見えですが、それはお許しを。 彼女のウェ...
ヴァイオリンのお部屋

ヴァイオリンの楽譜 というものについてちょっと とてもプライベートで個人の領域だという件

今日の話題は、ピアノの世界とはちょっと違う、ヴァイオリンのお話です。 ヴァイオリンでは、「ねえ、あなたの楽譜、コピーさせてくれない?」ということがしばしおきます。なぜでしょう? ピアノでは皆無ですね。まず、ピアノはどんな曲でも延々と...
ヴァイオリンのお部屋

ウィーン国立音楽大学 娘のヴァイオリンのクラスの弾きあい練習会で弾いてきたよ

みなさまご存じのとおり、オーストリアはロックダウン中ですが、ウィーンの大学は(音楽大学を含む)必要な場合は、対面のプログラムが行われます。 今日は、娘の所属するクラスのヴァイオリン弾きあい会でした。 きちんと2Gプラス(ワクチン接種...
ヴァイオリンのお部屋

オーストリアのコロナ事情とマスタークラス

さて、実は今移動中。 どこで書いているかというと、ドイツからスイスに向かう汽車の中で、車内で書いています。 そう、娘のマスタークラスのお供です。 本当は娘1人でいくはずだったのですが、今回は、私も先生にお会いしたいので、急遽一緒に...
ヴァイオリンのお部屋

娘、リザ・マリア(ヴァイオリン)のウェブサイトのご紹介

今日は娘のウェブサイトが出来たので、お知らせさせてください。 こちらです。 写真撮影はピアノのアルゲリッチやギトリスの写真もよく撮っておられる、Andrej Grilc氏。 娘、リザ・マリアはウィーン国立音楽大学院に通うヴァイ...
ヴァイオリンのお部屋

ヴァイオリン ムスメ(Lisa-Maria)のシューベルト・ロンド・ブリリアンテD895 聴いてやってね〜

今日はまず初めに、娘のリザ・マリアのシューベルトのロンド・ブリリアンテ(D895)を紹介させてください。 今年の録音で、ピアニストは素晴らしいウィーン国立音楽大学のピアニストの先生、前田亜紀さんです。とても楽しい、そして勉強になる...
ヴァイオリンのお部屋

ウィーンのオルフェウス・インターナショナル・ミュージック・アカデミー、カメラマン・ガジローさんのお話

*オープニングコンサートでピアニストの宮本千津先生と一緒に* ウィーンでは毎年、夏にオルフェウスのインターナショナル・ミュージック・アカデミーというものが開催されます。ヴァイオリン・チェロ・フルートなどなどのマスタークラスと毎日コンサート...
ヴァイオリンのお部屋

人様に何か教えることが出来るという、この喜びはかなり大きい件について

*音楽祭のカメラマンの人が、マスクをしながらゼーゼー言いながら一生懸命に撮影していました。素敵なショットをありがとう!* こう書くとなんとなく上から目線でイヤな感じがないでもないですが、実際のところ、誰にでも何らかの特技というか、人よ...
スポンサーリンク