音楽留学

音楽留学

希望を持って音楽留学にのぞみましょう 短期留学 マスタークラス参加のおすすめ

*大好きなザルツブルク。もう2年ご無沙汰です。早く行きたいです〜* 本当にコロナが落ちついてきたのね、と実感できるほど、音楽留学の反応が大きくて驚いています。 日本のワクチン接種率はとても増加しているようですし、皆さんが観光・留学・...
音楽留学

オーストリアに留学すると、日本の音大に通うよりも本当に安くなるのでしょうか?安いから留学するという選択について

ウィーンに留学したら、月にいくらくらいかかるのでしょうか?というテーマで以前書いたことがありますので、興味のある方はそちらもご覧になってください。 オーストリア・ウィーン留学 生活費などいくらくらいかかる? ドイツやオーストリアに留...
音楽留学

子供音楽留学のメリットとデメリット 留学するのに適した年齢とは?

子供留学をいくつか見てきて思うことがあります。本当にケースバイケースで、実力も経済力もみんな違います。全く一概に良いとか悪いとか言えないのですが、ざっくり言って、どの時期で留学すると良いのでしょう?ちょっとみてみましょう。 どんなに若...
スポンサーリンク
音楽留学

日本でいう、音楽大学の附属中学校・高校というものはオーストリアに存在しません、という話

日本には例えば、東京藝術大学であれば、その附属高校というものがあります。 そこでは、普通の高校の授業も受けて、音楽のレッスンも受けることができます。桐朋にも東京音大にも、その他多くの日本の音楽大学には附属高校というものが存在します。 ...
音楽留学

音楽留学について 何から手をつけたらいい?何よりも大切な「滞在許可」が取れるかどうか?

数件、音楽留学のご相談をお受けしていたのですが、なんとブログからのお問い合わせメールが全てスパムメールに入っていたため、みなさまへのお返事が遅れております。出来るだけ、早くお返事できるようにしていますが、しばし、お待ちいただけると助かります...
音楽留学

音楽留学とアルバイトについて アルバイトすることは可能?そしてその弊害と欠点

オーストリア 音楽留学中にアルバイトをするということ アルバイトをしなければ生計がたてられない学生 日本の音大生のイメージは、私が日本にいた昭和の時代は女の子ならお嬢様、男の子ならばおぼっちゃま、の時代でした。裕福で優雅なイメー...
音楽留学

ピアノでもヴァイオリンでもいいんですが、留学準備、教授との知り合い方と顔合わせの時の注意事項

何を書こうかな、と思ったのですが、何となく、いまさらではありますが、日本の音楽大学などでの門下事情と欧米(本当にざっくりですみません)の違いを思いつくまま、書いてみたいと思います。コロナ禍も過ぎ(ることを祈る)日本からの留学生さんも増えるか...
音楽留学

ウィーンの音大生も読んでいる、「嫌われる勇気」と「夢をかなえるゾウ」

娘は読書が好きなのですが、最近読んでいるのがこの「Du musst nicht von allen gemocht werden」(みんなに好かれる必要はない)という本です。 で、娘曰く「日本人が書いたんだよ」というので、なんか変だな、聞...
音楽留学

留学するのに、海外で生活するのに、語学は必要?ハイ、必要です!の件

ネット上の音楽留学情報でも、いわゆる「ノマド系」海外移住情報でも、 「言葉なんて、翻訳マシーンがあるし、音楽留学にしても、音楽は世界の共通語だから、必要ないさ!」というものをよく目にします。 私はこれらをみるたびに、「あ〜あ、無責任...
音楽留学

オーストリアの夏休みが長いことと、その間、みんな何をするのか、について

欧州の殆どが似たようなものだと思いますが、オーストリアの夏休みは長いです。学校にもよりますが、小中高校は大体7月〜8月の2ヶ月間、ウィーン大学関連はなんと、7月から9月いっぱい、なんと3ヶ月も夏休みとなります。ウィーン国立音楽大学はウィーン...
音楽留学

ピアノ・ヴァイオリン 留学するにはどのくらいのレベルが必要なの?の件

ヴァイオリンやピアノで音楽留学するのには、いったいどのぐらいのレベルが必要なのでしょうか? ウィーン国立音楽大学のヴァイオリン、演奏科を例に挙げ、私の考えで書いてみます。 この質問は、生活費などの質問の次に、とてもたくさん受けま...
音楽留学

ピアノ・ヴァイオリンで海外留学するメリットについて、コロナが収まってきそうな欧州から

写真は晴れの日のウィーン、シュテファン大聖堂です。 コロナワクチンが浸透してきています。私の周りでもワクチン摂取を終えた人がかなり増えてきました。若い人たちも職種によっては早く順番が回ってきているようです。ウィーン国立音楽大学(MDW)や...
音楽留学

音大生とアルバイト ウィーンの音楽大学生がしているアルバイトは?

*ちいさいですが、中央に写っているのはベートーヴェンの像* 「○○くんが最近新しいアルバイトをみつけたよ」と、娘が言うので、「なに?」と聞いてみると、ウィーンフィルの団員のドッグ・シッターだそう。彼らは高給取りなので、なかなか良いアル...
音楽留学

室内楽をするのはなぜこんなにも難しいのかの件

*今日の写真はお天気の朝のウィーンのオペラ座です* 日本から来た学生さん達同様、うちの娘も同じ難問に遭遇することが多々あります。それは何かというと、こちらの音楽大学で取らなければいけない「室内楽」の単位です。 気の合う、そして同じよ...
音楽留学

海外のマスタークラス等で教授に「ダメ出しをされた」と感じたら「お金を払って参加してよかった」と喜びましょう!

私がマスタークラスなどの通訳をして毎回見る光景で、本当に不思議だと思うことがあります。それは、レッスンで教授が日本人の学生さんに沢山の指導をすると、その多くの学生さんが、 「あ〜〜〜!!!こんなにダメ出しをされてショック!」と激しく落...
音楽留学

クラブハウスでクラブ「楽器を習う子の親の会」を始めました

コロナ禍で人気を発したクラブハウス/Cloubhouseは音声型のSNSです。 私はこのクラブハウスに今年1月下旬から参加しています。 その時のリンクはこちら そのクラブハウスもどんどん進化し、今は私でもクラブを建てることができる...
音楽留学

欧州と日本の違い〜入試、コンサートや発表会でのドレス・コードは???

*写真は娘、クラスコンサートの写真* 今日は欧州のコンサートや学校でのコンサート、コンクールなどのドレスと日本のコンサート、発表会の違いについて書いてみたいと思います。 日本と言っても地区によってドレスの風習はかなり違うようです...
音楽留学

欧州と日本、ピアノやヴァイオリンのレッスンのようすの違い

*写真はイタリア、カリアリでのマスタークラスのお教室* クラブハウスでしばし質問されることのひとつに 「日本と欧州ではレッスンはどのように違いますか?」 があります。 基本的に、日本と外国では生活習慣もメンタリーティーも違う...
音楽留学

ウィーンの音楽大学で学位を取得するということ 学士・修士 合計最低6年

私の娘はウィーン国立音楽大学の演奏学科にヴァイオリンで在籍しています。 彼女はウィーンで生まれたので、自分の教授教えるウィーン国立大学や現・ウィーン私立音楽大学、ザルツブルクのモーツァルテウム音大の予備科に10歳ころから所属したので、...
音楽留学

オーストリア タブーに思われがちな音楽大学教授のレッスン料について 留学前のご参考に

昨日、某音楽大学の教授が娘に電話をかけてきました。 かなり長く通話していたので、何があったのかしらと思ったら、 プライベートでのレッスン料金についての質問だったようです。 その人は自分の音大の門下以外からレッスンを頼まれること...
スポンサーリンク