私がピアノのレッスンをしている時に、絶対に生徒を「怒らない」わけ

ピアノ塾

よく、「ピアノのレッスンは悪夢だったわ。先生がこわくてこわくて、練習してこないと怒るし、間違えると怒るし、もうトラウマよ〜〜〜」という話はもう、耳にタコができるほど聞きます。面白いことに、日本だけではなく、ここウィーンにいても、他の国に行っても、この「子供の頃のピアノのレッスンのトラウマ」については、世界共通語のようになっています。で、先生が怖いからピアノ、やめちゃった!!!というのがお約束です。

どうしてまた、世の中のピアノの先生たちはこんなにも怖いんでしょうか?

いっつも、私が「趣味」と「プロを目指す専門」に分けて語るのは申し訳ないのですが、避けられないので申し上げると、プロを目指す場合は別です。怖くてもトラウマでもまあ、ある程度は仕方がない場合もありますが、そんな簡単なものでもない。こっちのテーマについては、これまた長くなるので、別の機会に書きます。

今回はあくまでも、お稽古レベルのピアノのレッスンの話です。

上に書いたように、私は生徒に対して絶対に怒りません。ひとつ例外として怒るのは、ピアノと関係ない事をしでかした場合です。

例えば、うちに来て、断りなしに私のものを触るとか、他の部屋に入るととか、常識としてどうなの?という時は、「怒り」はしませんが、はっきりと厳しく「それはダメなのよ」という。そうすると、やめてくれます。

それと、これがあったら流石に怒るだろうな、と思ったのは、日本のピアノの先生から聞いた「教師に暴言を吐く子供」

これは幸いに、体験がないのですが、先生に対して「バカ」(笑っちゃいけないけど)みたいな言葉を発する子供が(まあ幼稚園児なんだろうが)いるんだそうです。で、笑えるのが(笑ってはいけない)親御さんがまた追い討ちをかけるように、「子供だから〜」と言い訳をするそうで(嘘みたいですよね)、これが私に起きたら多分、一回注意してみて、次にやったら、クビだろうな〜〜と想像します。まあ、そんな子、オーストリアでは(世界中?)見た事ありません。

さて、話を戻すと。
「先週のレッスンで、ここ、練習してきてって言ったじゃない!どうしてここが弾けないの?」、とこれはありそうなお話です。でも私は心の中で「またかよ」と思っても、絶対に怒りません。だって、怒ったって、その子がその場で上手くなるわけでもないし、たかが趣味。音大を受けるわけじゃないし、ピアノより大切な勉強や何かがあったかもしれない。

基本私、「次までにこれ、やってきてね」と未知なものを生徒に渡しません。

具体的な練習方法をその場で示し、一緒に練習して、出来ない箇所を弾けるようにします。
その数分で出来なかったことが出来ると、子供も「あ〜出来た!」と実感できるし、(見ている親も)時計を見せて、ほら、たった5分でここ、弾けるようになったじゃん!」というと、家でグダグダ何十分も苦労しなくても、きちんとした練習をしたら、クリアできることがわかるのです。(Aha効果)

家での練習は特に強制はしません。自発的やってきたのが明らかにわかるとベタ褒めしますが、いずれにせよ、弾けて楽しいと思ったら、6歳以下の子供でも自分でピアノの蓋を開けて、練習します。

そしてコツは生徒に多くを求めないことです。
10要求してできない生徒に対しては、9にしてみる。ダメだったら8、それでもダメなら5、というように要求度を下げることです。

機会があったら書きますが、譜読みについても「じゃあ次は〇〇の楽譜買って、やってきてね〜」なんて子供は音大受験生や音大生ではないのでやめます。どこから手をつけて、どうする、と言う事を、本当に○鹿にでもわかるように、説明するのです。

以前にも書きましたが「〇〇の曲、やってきてね」は巨匠クラスが、かなりできるソリスト志望の人間には言ってもいいですが、残念ながら普通の先生はもっとお仕事をしなければなりません。そうしたらレッスン中に怒りが込み上げて怒鳴る、なんてことは減るし、余分なストレスを感じることなく、楽しくお仕事ができる、と私は常々思うのです。