ピアノやヴァイオリンのレッスン 複数の先生に習うこと

ピアノ塾

ピアノやヴァイオリンを本格的に習い、プロを目指そうとするとこの問題が浮上してきます。

ピアノやヴァイオリン、複数の先生に習うということ

今習っている先生から、その先生の先生(教授)を紹介された場合

音大進学を視野に入れて、先生の先生である音楽大学の先生に習い始める事は良くあると思います。その場合は、例えば毎週今までの先生、月に2回、教授先生、というふうになるかもしれません。そして音大合格の暁には教授先生にお渡しする、というケース。この場合は複数の先生の上下関係がしっかりしているのでなんの問題も起きないと思います。

*ここで直面する問題です。あなたの「先生」は自分の出た音楽大学を勧める場合が多いです。そしてその先生の先生はその音楽大学の教授だったりします。しかしその時、あなたが他の音楽大学、例えば藝大などを視野に入れている場合、はたまた、その先生の出身音楽大学を希望しない場合、先生を変える時が来たのかもしれません。その時の「どうしても言い出せない」で一生後悔することになることは思いの外多いものです。その時は慎重に調査して行動しなければいけません。これは違うテーマになるのでいずれ書きたいと思います。

自分で他の先生を見つけたのだけれど、今までの先生にも習いたい

これは非常に気をつけなければいけません。まわりに音楽関係の人がいない場合、なんの問題もないと考えてしまう人もいます。

無邪気に悪気なくやってしまうひと

私はある親御さんに、ごく普通に「うちの娘は夏休みの間ブルガリアに帰るので、その間ブルガリアの私の親友がピアノを教えます。で、あなたに習ってる曲を続けてやりたいのだけれど他はどの曲がいいかしら?」ごく普通に、まるで普通の事をするかのように言われた時は、正直ぶっ飛びました。

ピアノは算数や語学のレッスンとは違います。私は長年の経験で正しいと思うメソッドで教えているので、それを壊されるのも口を出されることも(私の教授なら別ですが)不愉快です。でもこのお母さんにとってピアノは「算数」も「ピアノ」も一緒。そして「音楽に対する彼女の常識のなさと無知」と「こう言ったら相手はどう感じるだろう」という想像力の欠如の賜物です。夏に故郷に帰るのはそちらの都合。「あなたがやろうとしていることは、この世界ではちょっと嫌がられるのよ。」とはお教えしたけれど、わかったんだかわかってないんだか。。。。と、普通の教師は誰でも不快に思います。気をつけた方がいいです。

内緒でやるのは最悪 絶対にNG!

これはもう、絶対にまずいです。先生を変わるだけでも一大事なのに、内緒で2人の先生に習うことは絶対にタブーです。なぜなら、絶対にバレるからです。

ある例。A教授に習っていた当時12歳の女の子が、内緒でB教授に習い始めました。親御さんとしてはB教授に乗り換えたかったのですが、B教授のクラスが開くまで言わないでおこうと思いました。A教授も可愛がってくれるし、コンサートの機会は多いし、だから言わないで2人に習っていました。しかしある日、B教授がA教授に偶然どこかのパーティで会った時に、「ああ、じつは◯◯はうちに習いにきてるんだよね。」と言ってしまいました。A教授のプライドはズタズタになってその女の子はA教授を即破門。今後いっさい、死んでも私に顔を見せるなと怒り、電話にも出てくれず、お詫びもできませんでした。一方、B教授はその子の実力をあまり買っていなかったのでしょう。数年たっても自分のクラスに取りませんでした。自分が教授としてモテる事を誇示したいあまりに、自分から約束を破って言ってしまう教授を、私は数人知っています。。。。

両方の先生にお伝えして習う場合

両方の先生が納得して、了解してくださる場合は良いと思います。ただ、ここで気をつけなければいけないのは、一方の先生が、一方の先生に頼ってしまって、最終的にどっちの先生も責任のようなものを感じてくれなくなる場合が危険です。特に受験の際は要注意です。親御さんのきちんとしたフォローが必要です。

まとめると、

  • 子供の場合先生が違う事を言うので混乱する
  • 内緒にしている場合は先生を傷つけて後から大変なことになる
  • 絶対にバレる時が来る

こう考えると、やっぱり複数の先生に習うことはよくないのでしょうか?しかし、以下の場合は別です。

どうしても習いたい先生が海外や遠い都市に住んでいて、たまにレッスンに通いたい。マスタークラスに参加したい。

参加する前に自分のメインの先生に正直に話しておくことです。隠すのはやっぱりダメです。それで怒る先生ならその先生をやめて他の人を探すことです。講習会などのマスタークラスに参加する場合も然りです。マスタークラスに参加するだけでクビにする先生もいます。心良く参加するためにも隠し事は無いほうが良い気がします。

お稽古レベルではなく、音大生以上の場合、自分が習っている先生よりも、魅力ある先生を見つけた場合はまず、両方に習うという選択よりも変わる決心をお勧めします。経験からいうとどっちつかずになるより、経済的に許されるのならば変わる方が将来的には良い気がしています。