ウィーン 佳奈ピアノ塾から 【はじめの教本 おすすめ その1】

Notenピアノ塾

ピアノ塾 初めての教材

私が好んで使ういくつかの教材をご紹介したいと思います。

メトード・ローズ教則本

私は3歳から使いました、
当時フランスに学ばれた我らが誇る日本の巨匠、安川加寿子大先生翻訳の入門本です。
フランスらしい美しいメロディー、そして大人のピアノ独学にもやさしい教本です。
私の住むウィーンでは店頭に売っていないことが多いのでネットで注文して購入しています。
9ページ目の先生との連弾はどの世界の子供達にもバカ受けで私はかなりはじめの方のレッスンで使います 。

私はどの教本も全曲やらせることはしません。
この教本からは右手のメロディーを取り出し、左は自分でアレンジして弾かせます。
月の光は子供の心をがっつり掴みます。

バーナム・ピアノテクニック (ミニブック)


この教本はドイツ語版も英語版もあるので、英語圏からの生徒さんが多い私には非常に助かっています。
全てのエチュードが短く、毎週どんどん進みたい意欲的な生徒さんにはぴったりです。

ロシア・ピアノ学校 Die Russische Klavierschule


これは私が好んで使う教本ですが、残念ながら日本のアマゾンでドイツ語のものだけ見つけました。
ロシアン奏法を習ったことのある先生でドイツ語のできる方なら使えると思います。独学には向きません。