ピアノのレッスン時間は何分?

ピアノ塾

ウィーンのピアノ教師、佳奈です❣️

ピアノのレッスン時間について

先日はピアノのレッスン、「何時に先生宅に到着しますか?」という話題で、ツィッターでも多くの先生と生徒さんからのお話を聞けてとても勉強になりました。今日はレッスン時間についてです。

生徒さんの年齢と成長、進度によって変わってくると思いますが、みなさんのレッスン時間はどのくらいの長さですか?またはそれに満足していますか?うちのピアノ塾の場合は以下の通りです。

私の理想のケース(ちびっこは週に2回)

始めたての小さなお子さんの場合、うちのピアノ塾では1回30分を週に2回、が基本です。

小さなお子さんがどんなにピアノや音楽に興味を持ったとしても30分以上だと集中力が切れる→疲れる→せっかく好きだったのに、なんか嫌になってきちゃったな、となってしまいます。でも週に1回、30分だと少なすぎて親御さんのケアがある場合は別ですが、おうちにかえったら、「あれ?ぜーんぶ忘れちゃった!」ということになってしまいます。これは残念ながらお金の無駄…。

しかし、週に2回ピアノのレッスンに通うのは連れてくる親御さんにとっては負担なので大変だと思います。(オーストリアは日本と違って幼稚園児や小学校低学年が1人でどこかに行くということは、安全上ダメなのです💦)

きょうだいが既に習っていて、その子と一緒に、という時だけ例外的に週1回、30分でも教えています。お試しで15分、というのもありましたが、15分のレッスンが全く集中できない場合はちょっとまだ早いかな、という感じでした。

週に2回だと小さい子の場合覚えるのがとても早いので、すごい勢いで上達します。このパターンは本当におすすめです。特に苦労なしにピアノの練習と習得が歯磨きと同じものになります。

基本はワンレッスン45分〜50分

私の生徒でいちばん多いクラスです。子供にもよりますが、45分は休憩を入れずに集中が持つ最大の時間のような気がします。スケール、アルペジオのような基礎練習のチェック、曲は部分的に一緒に練習しながらトレーニングします。特に机に座らせてのソルフェージュはたまにしかしませんが(専門の子は別)スケールやアルペジオの練習の時に楽典も自然に頭に入るようにします。これであっという間に45分です。

話は変わりますが、集中力。私は自分で練習する時にどんなことがあっても最長50分で休憩を入れることにしています。頑張りすぎて手を壊す、ということが譜読みが多くなった時に起きたことで、この歳になるととても用心深くなっています。

ピアノを知らない親御さんは、レッスン時間が1時間でないととても損をした気分になる人もいるようです。しかしピアノのレッスンは学校の補修授業とは違って常にアクティヴな状態で参加する形になるので、趣味でやるのに1時間まるまる集中してできる子はあまりいない気がします。楽しく、嫌だと思わずに続けられる時間は私のレッスンだと45〜50分です。もうちょっとやりたいな、と思った所でストップするのが秘訣。

さて、それでも曲数が増えて、この曲もこの曲も、昔ひいたこの曲も今弾きたい!と思う生徒さんは、ありがたいことに存在します。その子たちは1時間レッスンです。

大人は1時間

大人の生徒さんは曲も長く、ゆっくりとしたペースで楽しく学ぶ、が基本なのでどうしても1時間のレッスンになります。子供達がやるようにスパルタ(ってほどでもないのですが)で繰り返し、繰り返し、ぽんぽんしたリズムで進めるというよりも、楽しく、頭でゆっくり理解しながら学んでくださっています。

話し合うことが大切

私の大人の生徒さんは「今はこの曲を、ここからここまで、きちんと弾けるようになるまでやりたいの」とか「ここから先は練習する時間がないから今日はここまでにしたい。」等、はっきりと希望を述べてくれます。全て話し合ってお互いが満足いくように心がけて楽しくレッスンしています。(その昔、「ここの音は変だと思うから違う音で弾いていいかしら?」というリクエストをいただいた事があったのですが、それは丁寧に却下😅)

専門(音大等)に行く場合は?

子供の頃から正しい指導者のもと、最低週2日から、と思っています。それについてはまた別途書きます。