ピアノの先生がもっと稼ぐには?本当の意味でのキャリアアップを目指す方法とはなに?

ピアノ塾

今の日本は副業ブームのようです。
副業で月に20万円稼げたら、さあ自立だ。
サラリーマンは社畜、自由にもっと稼ごう、楽しめてラクに稼げる仕事を見つけよう、海外移住しよう、大学なんて意味がないのでやめよう、要は実力!進むべし、etcetc
魅力的な文言が溢れています。

これがピアノ系になると、例えばクラブハウスのルームを覗いてみると「ピアノ生徒爆増集客方法」や「数ヶ月で生徒数は100人越え」「オーナー化をめざして稼ごう!」となります。

すごいなあ、と感心しながら眺めています。ウィーンでは日本のように、誰でもピアノやヴァイオリンを習う、という習慣がないので、生徒100人なんていうと、かなり非現実的で想像もできません。

さて、そこで私の疑問です。

ピアノの先生のもっと稼げるためのキャリアアップって、なんだと思いますか?「ピアノ集客ビジネス」を学ぶために高いセミナーに通う事でしょうか?たぶんそれも大きな成功につながる可能性があるかもしれません。

でも私は思うのです。

ピアノの先生のキャリアアップにつながることはなんでしょう?

それは、先生自身が更にピアノを学ぶことではないでしょうか?ご自身がピアノを学ぶことをやめないことです。世界中にピアノの素晴らしい教授は沢山います。

いくつになっても、なんか上手くならないなという「先生」も多いはず。それは正しい指導者に、その歳になっても出会っていない、ということかもしれません。

私は娘の関係で多くのマスタークラスに行きますが、いつも聴講生として現役の音大生ではない数人の「ピアノの先生」が参加しているのを見ます。実際に受講するシニアに近い先生もいらっしゃいます。学んで、そして自分の学生や生徒にそれを伝えます。

どんな年齢になっても演奏技術はそれなりに上がるものです。上手くなれば嬉しいし、それを生徒に与えることができれば、それは幸せなはず。そして生徒の実力が上がれば、評判も上がって、そしてお金もそれからついてくる気がします。

教師というものになってもコツコツの勉強努力はは大切です。

「ピアノ・ビジネス」を学ぶその前に、はじめの一歩にもどって自分の演奏レベルを直視して、「ピアノ演奏」を習い続けてみませんか?人生が更に楽しくなる気がします。