ピアノのお部屋

ピアノのレッスン どんなに集中力のないワンパクな子供でも、しつこく、追いかけ、褒めちぎると、大概はうまくいく、というお話

今日のお話は、お題通りです。昨日のレッスンからのおはなしです。 年末に、レッスン後にグランドピアノの下に潜り込み、私のサイレントシステムのケーブルを見事にいじくりまわし、機能しなくしてしまった、おフランスのワンパク坊主、5歳児くん、今...
ピアノのお部屋

ピアノ・ヴァイオリンのレッスン レッスン料金やお月謝のおはなし「値上げ編」トラブルを避けるための提案

日本でのピアノやヴァイオリンお教室は「お月謝制度」というのをよく聞きます。年間でレッスン回数がうまい具合に決まっていて、日本の先生方から伺うと、なるほど、よくできてるなあと感心することもあります。受験生やプロに習う場合は、ワンレッスン制が多...
ピアノのお部屋

ピアノのレッスン、オクターブの練習のやり方 めんどくさがらずにこうやったら早道な話

弾けないところ、覚えにくいところ、そんな所はちょっと時間をかけたり、工夫をするだけであっという間に弾けるようになってしまう一例です。 さっきうちにレッスンに来た12歳女子の話です。ちょうど、右手がオクターブ連続で、左手が伴奏的な曲をや...
スポンサーリンク
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリンのレッスン、何歳から、いつから始めるのが理想?

アジアやアメリカの一部では、「まだこれ、赤ちゃんでしょう〜?」という年齢からヴァイオリンやピアノを習わせることが、めずらしくありません。 実際にそれでプロになっている人もいるし、その子に合った年齢や環境、というものがあるので、一概には...
ピアノのお部屋

ピアノのレッスン たまには息抜きで遊ぶのも楽しいよ ビートルズのlet it beをひくぞ!の巻

私の9歳の可愛い真面目な女の子生徒ちゃん。クリスマス、新年とニューヨークに家族で豪華なバカンスを過ごし、全くピアノにさわらないこと3週間!キレイさっぱり、何もかも忘れてるんだろうなあ、と思いつつレッスンしてみると、やっぱりかなり忘れてる。こ...
ヴァイオリンのお部屋

ヴァイオリンのレッスン はじめのコンチェルト リーディングのop35 h-mollの思い出

リクエストがあったのでちょっと触れてみます。ヴァイオリンの初期学習に興味のある方が、どのくらいいらっしゃるかわからないのですが、まあ、娘の場合です。 ヴァイオリン指導者の先生、どのかたも自信を持って指導をなさっていると思うので、あくま...
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリン 子供が難曲を弾くことについてどう思うか 私見です

お答えから言うと「弾けるなら弾くべきだと思う」が私の意見です。 しかし問題は、何をもって「弾ける」とするか、です。以下、全く私の意見です。多くの考えの教授や指導者の方々がいらっしゃいますが、ご参考になればと思って書きます。 ピア...
ピアノのお部屋

日本で愛される「バリバリ弾く」について、ちょっと考えること 日本(アジア)と欧州の好まれる傾向の違いについて私見

「あの人って、何でもバリバリ弾けるのよ!」「あ〜、早くショパンの木枯らしエチュードがバリバリ弾けるようになりたい!」「バリバリ弾けてカッコいい!!!」こういう言葉を日本ではいつも耳にしてきたし、私も日本に居たときは普通に言っていたと思います...
ピアノのお部屋

ピアノのレッスン 指の独立を目指すための練習 (1)老化防止にも最適

さて、今日は指の独立のためのちょっとしたエクササイズをご紹介したいと思います。これは私が数人の教授から教えていただいたやり方です。教授によって、ちょっとだけおっしゃることが違ったりしましたが、大体以下の通りです。興味のある方は、試してみてく...
ピアノのお部屋

ピアノとダイエット 体重が落ちたら手の形が変わって、ピアノを弾きやすくなった生徒くんのお話

*写真はウィーンのカフェ・ラントマンのアップルパイ、バニラソース添え。* 第一回目のロックダウンでは、体重が爆増し、その後ダイエット、標準体重にもどしたはずだったのですが、去年の暮れのロックダウンでまた運動量が減り、そして食欲は倍増し...
ピアノのお部屋

大人から始めるピアノ(1)ピアノ初心者の譜読みコツについて

これは大人から始めたピアノに限った話ではなく、どんなレベルの人においても言えることなのですが、今回は特に初心者、大人の人向けに書いてみようと思います。 さて、ピアノ初心者の譜読みのコツは? 以下、私の指導法です。ケースバイケース...
ピアノのお部屋

譜読みのコツ(2)ピアノやヴァイオリン、はじめての曲を始める時、さあ、どこから手をつけますか?

新しい曲を始める時、あなたはどこから手をつけますか?はじめっから両手でいきなり、という方もいると思うし、左右別々に、など色々だと思います。そしてこれはもう、その人のレベルによって全然変わってきます。音大を卒業して、かなりの曲をこなしてきた人...
ピアノのお部屋

ピアノ暗譜のコツ(4)子供の場合、大人の趣味の場合、そして音大生レベルにおいての暗譜

ピアノの暗譜について色々書いてきたのですが、暗譜のコツ(1)(2)(3)大昔の記事で年齢別に書いたものがあったので、今日はそれをアップしてみます。重複するところもあると思いますが、お許しください。 子供の場合 さて、うちの場合は、レ...
ピアノのお部屋

子供がピアノ・ヴァイオリンをやめたいといったらどうしますか?

その長い楽器人生の間で「ピアノやめたい!」とか「ヴァイオリンやめたい!」と親御さんに訴えた人は少なくないと思います。 その時点で、親御さんが「ま、良いか、いやならやめさせちゃえ」と止めることの出来た人もいるでしょう。 止めなかっ...
ピアノのお部屋

ピアノ・ヴァイオリンのレッスンで「集中力のない子供」「ふざける子供」への対処法

どうして今日はこのお題にしたかというと、オーストリアはまだクリスマス休みの真っ最中、すっかりバカンスに浸ったちびっ子が、休暇からピアノのレッスンに戻ってくると、こういう現象が起きやすくなるので書いてみようと思いました。 残念というか、...
ピアノのお部屋

ピアノ・ヴァイオリンのレッスン 自分の直感を信じる大切さ 体験談 絶対に何か変だ、おかしい、とモヤモヤしたら決断しよう

もう随分前にもこの件について書いたことがあると思うのですが、ちょうど昨日のお題から繋がるので、また書いてみます。 日々の楽器の練習努力はもう、絶対絶対に必要で大切なのですが、それと同じくらい大切なのは、自分の直感を信じる、ということで...
ピアノのお部屋

2022年 ピアノやヴァイオリン、正しい努力は報われるという現実と自分の直感を信じることの重要性

*今日の写真は、新年のウィーン国立歌劇場* 趣味で楽器を楽しんでいる方々、そしてプロフェッショナルとして切磋琢磨している方々、多くの人が日々、努力を積み重ねていると思います。楽器の教師としても同じこと、ご自分で全く演奏をしないで(コン...
ピアノのお部屋

オーストリアはウィーンからバレンボイム指揮のニューイヤーコンサート!2022年あけましておめでとうございます!

大晦日は、なんと私としたことが31日夕方にレッスンを入れていたことをすっかり捻出しており、ピンポン!と聞いてどびっくり、慌ててレッスン、となり、今日は今日で練習があるので、なんか、本当に新年という実感が湧かないのですが、とにかく無事に1月1...
ピアノのお部屋

ピアノ佳奈ドットコム 2021年を振り返って 来年もどうぞよろしく

*クリスマスツリーをバックにウィーン国立音楽大学のドーラ・シュヴァルツベルク名誉教授とムスメ。1年が経つのは本当にもう、あっという間です* さてさて、流石に年末!12月31日となりました。レッスンも昨日で終わり、いよいよウィーンも大晦...
ヴァイオリンのお部屋

娘リザ・マリアのヴァイオリン演奏 バッハのソロ・ソナタからラルゴをお届けします〜

今年も残すところあとわずかとなりました。 娘のリザ・マリアが久々にYouTubeに演奏をアップしたので、お時間がある方は聴いてやってくださいませ。短いラルゴです。 自宅での録音なので、生活感見え見えですが、それはお許しを。 彼女のウェ...
スポンサーリンク