ピアノ塾

ずぶずぶにハマる、大人から始めるピアノ 私のお試しレッスンの様子

いつものように、私のところにレッスンのお願いがありました。 来年小学校にあがるお嬢ちゃんで、ピアノを習いたいと言っている、どんな様子か「お試しレッスン」にうかがっても良いかしら?はいはい、喜んで!どうぞ、みたいな感じです。 フランス...
オーストリア・ウィーン情報

今日は素晴らしいお天気でした!!!そして録音

今日はここ数日の狂った天気はどこへやら、晴天の春らしい青空が広がっているウィーンです。 良かった〜。また雪が降ったらどうしようかと思いました。 娘の録音を撮ってきました。 今はコロナ禍なので音大も閉鎖中。 しかしながら、うちの子...
オーストリア・ウィーン情報

言うのは簡単、だけれども実行するのは勇気がいること

昨日お知らせしたように、ここ数日のウィーンのお天気はオーストリアの気まぐれなお天気、Aprilwetterを代表するようなとても狂ったお天気でした。 先週の春日和、20度を越えたかと思ったらあっというまに一桁温度になって曇り空があたり一面...
スポンサーリンク
オーストリア・ウィーン情報

Aprilwetter コロコロ変わる4月天気、そしてハードロックダウンの延長

*写真は9区にあるチョコレート屋さんXOCOLAT。もう、大好きなお店です。おすすめ!* 昨日のウィーンのお天気は本当に変でした。 ちょっと晴れたかなと思ったら、あれよあれよというまに大雪になり、それから晴れて青空に、そしてしばらく...
オーストリア・ウィーン情報

執着しないと楽になる生き方ができるので、執着するのはやめましょう

なんか、スピリチュアルみたいな表題になってしまいましたが、私が50代を超えてできるようになってきたことのひとつが、これです。 「物事に執着しない」 例を挙げれば 「このコンクールに通過しないのならもう、悲しくて数ヶ月も泣く」と...
ピアノ塾

クラブハウスのお知らせ 「ピアノの先生とピアノ趣味の方の交流CLUB」

今日は音声SNSのクラブハウスで知り合った先生方と「ピアノ質問部屋」というルームに参加しました。 クラブとして今後は「ピアノの先生とピアノ趣味の方の交流CLUB」というかたちで続いていきます。 今日はその1回目。 多くの方に参加い...
ピアノ塾

恥ずかしがり屋な生徒ちゃんとエレガントなおばあちゃまの思い出

もう、10年以上前のおはなしです。 娘の小学校のクラスメイト、6歳のヨハンナちゃんがピアノのレッスンに来ることになりました。ヨハンナちゃん(仮名)のおうちはかなり裕福です。 レッスンにはいつもおばあちゃまが同伴していました。おば...
ピアノ塾

ピアノの調律師さんが来てくれました〜

先日はピアノの調律師さんが半年ぶりに来てくださいました。 そんなにたくさん練習していないと思うのだけれど、まるで漫画のコントのように高音部が狂っていて、たまに私がサイレント無しで弾いていると娘がキレます。 これではさすがにヴァイ...
オーストリア・ウィーン情報

ウィーンにも春が到来! サマータイムからのハードロックダウン、そして花盛り

先週末のサマータイムを迎え、ウィーンに春がやってきました。 20度超えの気温に街の植物もどびっくり、一気に花盛りです。 まずは、昨日のウィーン市庁舎前。 ロックダウンではありますが、個人がきちんとソーシャル・ディスタンスをとって日...
バイリンガル 外国での子育て

自分の子供を褒める、欧米と日本の違いについて感じること

4月1日になりました。 ウィーンはここ数日とても暖かくなり、花が咲き始めました。これから素敵な季節に突入です。 さて、今日は私が感じた「自分の子供を褒める」ことについての日本と欧米の違いについてです。 これは外国で育児をする親御さ...
ピアノ塾

ピアノやヴァイオリン 「天才・神童」とは?存在するのでしょうか?

コンサートの宣伝やネットで「○○の天才!現る!!!」みたいなものをよく目にすることがあります。これはもう、日本コピー世界のお約束なようなもので、故意に「大袈裟に、目を引くように」造られていて、はじめっから誰もこの人を「天才」だとは信じていな...
ピアノ塾

「素質のある子」「才能のある子」と言われたい 親の心と現実

ピアノにしてもヴァイオリンにしても、スポーツ系の他の分野においても、その指導者の言葉はいつも魔法のように響きます。 「素質があります」とか「才能があります」なんていわれた時には心の中にお花畑が咲き乱れ、乱舞したくなるものです。 ...
音楽留学

ウィーンの音楽大学で学位を取得するということ 学士・修士 合計最低6年

私の娘はウィーン国立音楽大学の演奏学科にヴァイオリンで在籍しています。 彼女はウィーンで生まれたので、自分の教授教えるウィーン国立大学や現・ウィーン私立音楽大学、ザルツブルクのモーツァルテウム音大の予備科に10歳ころから所属したので、...
ピアノ塾

ピアノを習っているから頭がいいのか、頭が良い子がピアノをやっているのか問題

東京大学合格者の約6割が楽器を習っていたというエビデンスもあって、 ピアノやヴァイオリンの生徒募集に「楽器を習うと頭が良くなる!」という宣伝文句を使う先生が多いと聞きました。 本当にそうでしょうか? 私の場合、長年いろいろな生...
ヴァイオリン塾

ドーラ・シュヴァルツベルク ウィーン国立音楽大学名誉教授のお誕生日

今日は私たちの大切な友人、ドーラのお誕生日です。 ヴァイオリンチェンネルでもちゃんと掲載していました(笑) ヴァイオリンを学ぶもので彼女の事を知らない人はいません。 ドーラ・シュヴァルツベルクは現在ウィーン国立音楽大学の名誉教...
音楽留学

オーストリア タブーに思われがちな音楽大学教授のレッスン料について 留学前のご参考に

昨日、某音楽大学の教授が娘に電話をかけてきました。 かなり長く通話していたので、何があったのかしらと思ったら、 プライベートでのレッスン料金についての質問だったようです。 その人は自分の音大の門下以外からレッスンを頼まれること...
オーストリア・ウィーン情報

決断に迷った時の「メリット・デメリット書き出しメソッド」

先日、娘があるひとつのことを 選ばなくてはならず、 とても悩んでいました。 「よし!これしかない、一緒にやって!」 というのでやってみた方法が あまりにわかりやすく 結論が腑に落ちたので 書いてみたいと思います。 ...
音楽留学

学生・留学生、外国で働く人へ パワハラ・セクハラに対するアドバイス

結論から先にいうと、被害にあったと感じたら、 それに対して何らかの行動をおこす ことです。 大学には、それに対処する部門があります。 職場でも同様。 最悪な場合は訴えるべきです。 避けなければいけないことは 泣き寝入り...
ピアノ塾

ピアノの先生への提案 レッスン料金値上げで生徒さんの退会を食い止める方法 時間短縮オファー

Twitterなどでよく目にするのが、 「レッスン料金値上げで生徒さんがやめちゃう問題」 「値上げしたら生徒が減ってしまいました!」 とか、すごいところになると 「値上げを伝えたらキレられました!!!」 と驚怖体験...
オーストリア・ウィーン情報

オーストリア 薬局Apothekeでの無料テストと予約方法

現在オーストリアでは緑の保険カードを保有する人に無料で新型コロナウイルスの抗原テストを行っています。その他の保険の人は有料ですが、ワーク中です。 規則が変更されたら、返金される可能性もあります。 さて、以前は直接薬局に電話をして予約...
スポンサーリンク