ピアノのレッスン 頭の良い子のおはなし

ピアノ塾

長年ピアノを教えて稀に、「なんてこの子は頭が良いのだろう!」と思う子がいます。

多くの親御さんが感激する(私の母もそうだった)なんでも耳コピしてピアノで弾いてしまう、なんてレベルの事ではなく(子供が耳コピができるのはぜんぜん普通です。笑)きちんとした集中力があって、言われた事をすぐに実行し、即、反復性などの関連性を見つけ出し、自分の頭の中にきちんとした形でインプットし、そしてそれをすぐに積極的にアウトプット出来る。しかし自分の意見と好みもはっきりしていて、嫌なら嫌、興味がないならない、とはっきりと発言もできる。

実際に存在した1人目のお嬢ちゃんは、習った殆どの曲をいつでも暗譜で弾けました。というか、習う端から全て暗譜してしまう。(そう言う子はうちの生徒さんに凄く多い、というか殆どなんだけど)もっとすごい話は、彼女は私の生徒にしては唯一、家にピアノもキーボードも持っていなかったのです。

私は基本、アコースティックの(本物の)ピアノを家に持っていないと生徒さんとしてとらないのですが、彼女は友人のお嬢ちゃんだった為例外的に教え始めたのです。(お金持ちだからそのうち買うだろうとも思っていた)ピアノがうちにあったら、かなり上手な人になったと思いますが、世の中うまくできたものでそういう頭のいい人って音楽の道には進まないのです。興味もない。

もうひとりの頭の良い子。

あるユダヤ人の女の子、(今は立派な女性ですが)は小学校高学年からうちに通い始めました。彼女の手は大きいのだけれど長くて細くて、写真に撮ると美しいのですが、ピアノには不向きな手でした。

しかし、ピアノを始めた頃から、「私が言ったことは全て実行する」子でした。その代わり「言われなかったことはしない」お母さんがかなり変わった人で、多くの課題を与えると、クレームするし(後から感じたけれど、与えたら与えただけ完璧にやってしまう)

ある日親御さんが、ある大きなユダヤのフェスティバルで彼女に、「ブルグミュラーなんて変な曲ばっかりだから、ソナチネを弾かせたい」とかいう😓 メソッド・ロズが終わったくらいのレベルなのに。

何を言っても無駄な人だからと諦め、きるだけ効率よく、曲が仕上がるように工夫しなければならなかったのですが、まあそれは良しとして、コツコツ部分練習を重ね、左右別に音大生なみに練習させて仕上げ、ピアノを始めて1年もたたないで立派にクーナウのソナチネを大人数の前で立派に演奏しました。なんの苦労もなく、言われた事を忠実にやっただけです。彼女には苦痛でもなんでもありませんでした。

彼女はバカロレア国際試験中(大学入学資格試験、こちらの高校最後に受けるもの)もピアノのレッスンに通いました。「来なくていいよ〜💦」というのに、「息抜きになるのよ」と言っていました。トップの成績で、フランスのグランゼコルに留学し、今ではミラノの芸術エージェントのバリバリキャリア・ウーマンとして活躍しています。

いるんですよね、たまに、本当に頭の出来が違う子って。。。。。

付け加えると、上記2人の女の子はまるで優等生ガリ勉タイプではなく、積極的で冗談もふざけた事も大好きな人を引っ張って中心に立つような子達でした。勉強も何も楽しんでやっていたのが印象的です。こんな風だったら、生きていて楽しいだろうなあとよく思いましたっけ…😊