2022-06

ピアノのお部屋

ピアノのレッスン やたら動きの大きな(跳躍ばっかりある)曲の練習法で有効なものは?

ちょうど質問を受けたので昔の記事をもう一回アップします。以下、興味のある方はどうぞ。 これは、今の私のアルアルなので書いてみます。ひょんなことから、リヒャルト・シュトラウスのワルツを弾かなければいけなくて、譜読みを始めたのですが、もう...
ピアノのお部屋

大人のピアノの生徒さんと一緒に学ぶ楽しみと世の中、いろんな楽しみ方があるんだなと思うお話

私と同じくらいの年齢のピアノの生徒さん、初心者ですが楽しんでレッスンにいらっしゃいます。 スモールトークの後は、緊張度マックスで自宅で練習してきた成果を披露します。 「ああ、もうそんなに緊張しないで、固くならないで〜。ちょっとくらい...
コンクール

ヨーロッパの田舎のマイナーな国際コンクールを受けてみると楽しいかも、の話

国際音楽コンクールの探し方、小さな欧州などの国際コンクールに参加する方法、利点などを書いています。
スポンサーリンク
ヴァイオリンのお部屋

オーストリアからヴァイオリンの先生の探しかた②専門編 体験談から納得のいくように

先日の続きです。そこでは「一般的なバイオリンの先生の探し方」のテーマで書いたのですが、今回は「やるなら初めから専門的に」という風に、特化して書いてみます。あくまで私個人の体験と考えです。 納得のいく先生を自分の力で探すこと うちの体...
ヴァイオリンのお部屋

ヴァイオリンの先生の探しかた① 本気でヴァイオリンをやろうと思ったらどうする?

ヴァイオリンの先生を探す方法をご案内しています。
音楽留学のために

オーストリア ・ウィーン留学 生活費などいくらくらいかかる?2022年版ちょっと値上げしました

ウィーン留学の生活費、授業料、かかる費用 ウィーンに留学したら月にいくら位かかるのでしょうか? 勿論これは人によって全然ちがうとは思いますが、常識的な平均で考えてみたいと思います。このお題は数年前に書いたものなので、ちょっと書き加えます...
ピアノのお部屋

ピアノ・ヴァイオリン上達のコツ 壁が破れてレベルアップする、その時とは?

楽器でも語学でも、その他分野の勉強でも、毎日毎日コツコツと努力を続けても、目に見えた進歩が見えずにため息をつく、そんな覚えは誰にでもあると思います。 しかしそれと同時に、ある日、ある時、ふとしたきっかけで何かを掴み、思いっきりジャンプ...
ピアノのお部屋

ピアニストやヴァイオリニスト、演奏家と筋トレのお話 何事も中庸が大事だという件

*今日のお題と全然関係ない写真ですみません。ランランさんと娘* 今日のお題はそのものずばり、クラシック音楽の演奏家は、もちろん筋トレを楽しんでも良いのですが、やりすぎないことをお勧めしたい、という事です。あくまでも私見ですので、違うな...
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリン 子供が難曲を弾くことについてどう思うか 私見です

お答えから言うと「弾けるなら弾くべきだと思う」が私の意見です。 しかし問題は、何をもって「弾ける」とするか、です。以下、全く私の意見です。多くの考えの教授や指導者の方々がいらっしゃいますが、ご参考になればと思って書きます。 ピア...
ピアノのお部屋

ビバ、大人のピアノの生徒さん 今日の復活組はお医者さま

さて、私は以前にもお話しした通り、大人の生徒さんとレッスンすることが大好きです。だって、やる気があるんだもの。親に強制されたわけでもない、自分の稼いだお金で、自分でピアノを習いたくて、時間をとってやってきてくれるのです。一緒にレッスンしてい...
ヴァイオリンのお部屋

ヴァイオリンもピアノもスケール練習を習慣つけることはやっぱり大事だよ、という件について

ピアノにおいて、スケールを徹底的に弾き込んで自分のものにすると、こんなに良いことが沢山あるよ〜、というようなことは今まで沢山書いてきたのですが、今回はヴァイオリンのスケールについて書きます。 ヴァイオリンの事について書くと、うちの娘が...
ピアノのお部屋

またまたあがりについて。震えるほどあがる、というものを克服したのに、それでもまだあがっちゃう人へ、結局練習しかないのが事実

先日、震えるほどあがってしまい、身体がガクブル、汗ダラダラ、になってしまう人へのアドヴァイスを書いてみたら、思いのほか評判が良かったので、調子に乗って、第2弾、行きます。 前回のまとめをすると、身体に支障が出るようなあがり方をする人は...
ピアノのお部屋

ピアノでもヴァイオリンでも、正しい努力は報われるという現実と自分の直感を信じることの重要性

*今日の写真は、ウィーン国立歌劇場* 趣味で楽器を楽しんでいる方々、そしてプロフェッショナルとして切磋琢磨している方々、多くの人が日々、努力を積み重ねていると思います。楽器の教師としても同じこと、ご自分で全く演奏をしないで(コンサート...
ピアノのお部屋

例え趣味でも子供が上達すれば、やっぱり親御さんはとっても嬉しいというお話

お題そのものが今日あった出来事です。 その男子はいつもはうちにレッスンに来るのですが「ママが今日はうちにいるので、こちらでレッスンしてほしい」というリクエストがあって、出向きました。お母さんは売れっ子のアート作家でモデルさん。すごく綺麗で...
ピアノのお部屋

効果ばつぐんのトレーニング方法 おうちでコンサート(ひとりでもOK)

昨日は、「自分で自分にレッスンする」というトレーニングについて触れましたが、同様に大切なトレーニングはこの、お題通り、「おうちでコンサート」です。これは、本番前に限らず、定期的にやることをとてもおすすめします。 やり方は至って簡単、自...
ピアノのお部屋

上達の秘訣 自分で自分にレッスンをする習慣をつけよう(上級者のみ)

語学にしても、なんの分野の勉強にしても、自分で学び覚えただけではなく、それを人に教えると、その知識はかなり頭の中に定着し、自分のものになる、というのを経験した人は結構いらっしゃると思います。 例えば私が、ざら〜っとオーストリアの名所の...
ピアノのお部屋

朝の作業は最高に効率の良い話 ピアノ・ヴァイオリン等、朝練習のススメ

お題の通りですが、条件付きです。 書くまでもなく、当たり前ですが常識中の常識、周りから苦情の出ない環境の人のみ、へのお勧めです。朝から練習しても苦情が来ない、またはサイレントでなら可能、という人のみです。 ここ数ヶ月、歳を重ねた...
ヴァイオリンのお部屋

楽譜談義、「本気組」の楽譜は一体どうなっているのでしょう? 書き込みあれこれ

*写真はムスメの昔懐かしの楽譜拡大コピー。分数ヴァイオリンだったので、弓もすべて分数用なので今は通用しませんが、良い思い出です 昨日は私の酷く色塗られたブルグミュラーに、沢山のご意見をいただいてありがとうございました。 どの先生も、...
ピアノのお部屋

ピアノの先生方へ質問です。生徒さんの楽譜に、消しゴムで消せない赤鉛筆で書き込みますか?

*「小さな嘆き」、どころか「大絶叫」のような朱色の書き込み。もっとすごいものもありますが、載せるのはショックなのでこの程度にしておきます。想像するにg-mollを理解していなかったのだと思いますが、「まずは音階を教えなさい」、と当時の教師だ...
音楽留学のために

ピアノやヴァイオリン 自分にあった先生/教授とは?冷静に考えて判断することも大切だというお話

例えば、留学をしたいな、と思ったら、行きたい国や憧れの音楽大学を目指して計画を立てる、という人も多いと思いますが、本当に大切なのは「教授」です。 「教授」を選ぶ時に、雰囲気やネームヴァリューだけでターゲットにしてしまうと、後から後悔す...
スポンサーリンク