2022-11

ウィーン生活

ウィーンに定住したいですか?不名誉な、でもなんとなく住んでる人には理解できる調査結果「最も不親切な都市はウィーン!!!」

いつか、ウィーンで友人を作るのは簡単じゃないよ、という事を書きましたが、それを証明するような新聞記事を見つけました。ズバリ、「最も不親切な都市はウィーン」です。 ドイツ語のわかる方はこちらをどうぞ。 他のランキングでは、「最も生...
ピアノのお部屋

ピアノのお稽古、ペダルを使うのはいつから?

これもよく聞かれる質問ですが、お答えは簡単で、いつからでも、です。 特に右のダンパーペダルは、初日から使ったりします。 ペダルは曲中で使わなくても、自作の(私の)簡単なテクニックのエチュードらしきものでも、使うことがとても多いのです...
ピアノのお部屋

ピアノのお稽古 信じられないけれどいたずらをする子供への対処法は?

「いたずら」と可愛く書きましたが、そんな可愛いものでない場合もあるようです。 日本は犯罪であっても「いたずら」と表現するのでそう書いてみましたが、日本の「いたずら」のいくつかは立派な違法行為です。きちんと現行犯で見つけ、叱りましょう。 ...
スポンサーリンク
ピアノのお部屋

日本の音楽教室では大人の生徒さんに対して「多くを求めたらダメ!」とという暗黙の規定があるそうだけれど、これって人によって違うよね、と思った話

日本でピアノの先生をしているお友達と話している時、とても興味深いことを耳にしました。それは 「知ってる?某音楽教室では、『大人の生徒さんに沢山の要求をしてはいけない』とという規定があるんですってよ」というおことばです。 ふーん。...
ピアノのお部屋

ピアノでもヴァイオリンでも、教師として働くのなら、自分も現役で弾けたほうが絶対に良いという件

こちらでは、音楽大学の教授になる為に「演奏の試験」というものがあります。 自身の演奏30分くらい、そしてタイプの違った学生2人を公開で指導することがセットで採用試験、となっています。 さてさて、今日は何を言いたいかというと、別に音楽...
ピアノのお部屋

ピアノ・ヴァイオリンの練習時間と上達(実力)は正比例するか?

*写真は最近本当にきれいなウィーンのヴォティーフ教会です* 以前にも自分の体験を持って書きましたが、答えは簡単で「比例しません」です。 正確に言えば、「正しい練習方で、一定の時間以上練習していれば上手くなる」であって、「正しくない練...
ピアノのお部屋

ピアノのレッスン 急にやる気のなくなっちゃったちびっ子に対する対処法は?「待つのも大切」という後日談付き

このようなご相談をお受けしたので、経験談を書いてみたいと思います。 で、私はこれから「私の体験」を書いていくのですが、ご存知の通り、私の住んでいるのはウィーンであり外国、日本ではないし、生徒も99%が日本人ではありません。よって、お役...
ピアノのお部屋

ピアノをたくさん練習しているのに上達しない件について 私の暗い過去。。。

*今日の写真はウィーン、Mölker Basteiにあるベートーヴェンの家* 私の子供の時の悲しいお話をします。 私は中学生くらいから、かなりのピアノ狂になり、相当量の練習をしていました。 うちはクラシックを聴くような家庭では...
ピアノのお部屋

ピアノのお悩み 手が小さい、指が短い、もうどうにもならないの?

私は手が小さいです。そして指も短い方だと思います。身長は160cm以上あるし、靴のサイズだって日本でいう24.5cm。日本人女性としては、そんなに小さいわけでもないのに、「手は小さい!!!」 左手はなんとか9度(ドからレ)がとどきます...
ピアノのお部屋

あなたはコンサートに呼ばれた時、演奏者に花束を用意しますか?もしくはプレゼントを持って行きますか?

私はウィーンに住み、もう30年以上になるので、日本のコンサートにはかなり長く訪れていません。だから日本の状態を全然知らないのです。 だから日本のピアニストのお友達から「コンサートで知人のお客さまから頂く大量の花束やプレゼントを運ぶ為に...
ピアノのお部屋

ピアノ・ヴァイオリンの練習のお友達 メトロノームはお嫌い?

写真は娘のメトロノーム。昔はよく、練習中に大バトルをして、ブン投げて、壊して、買ってを繰り返していましたが、今はそれも懐かしい(?)思い出です。 メトロノームさん、心からごめんなさい。幸い、今はもう、何年も新しいメトロノームを買ってい...
ピアノのお部屋

ステージ衣装 ドレスの丈は処理しないよりも、きちんと背丈に合わせて仕立てた方が上品で素敵だと思う件

*ウチの娘みたいに、いっつも同じドレスを着るのもちょっとね、と思うのですが、今は贅沢禁止* ステージでのドレスについて、ちょっとだけ思いついたことを書きます。 日本では日本のドレスの習慣があるようなので、以下のお話は日本以外でのステ...
ピアノのお部屋

理想のピアノ・ヴァイオリン教師とはまるで理想の上司とそっくりな件について

*写真は本文と関係ないけれど、ムスメとランランさん 私はピアノの教師ではあるものの、一般の企業で働いた経験もあります。なので、「理想の上司」とかそういった本に興味を持ってを読んだりすることもあります。 そうするとあら不思議(でもない...
ピアノのお部屋

体験レッスンの後での、断り方。どういうふうに断ったら、角が立たないかというお話

体験レッスンをして、生徒も親御さんもハッピーならば晴れて門下入り、ということになりますが、そうでない場合も、もちろんあります。人間なので相性というものもあるし、それは普通の出来事です。 さて、今日はその場合の「断り方」について考えてみ...
ピアノのお部屋

ピアノで部分練習をしているときに「嫌な事」を考えてはいけないというお話

今日のお題は、そのものずばり「ピアノで(別にヴァイオリンでも他の楽器でも同じだと思うけれど)部分練習をしている時に、絶対に『嫌な事』を考えながら練習してはいけない」というおはなしです。 これはひょっとしたら身に覚えのある方もいらっしゃ...
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリン 「天才・神童」とはなに?本当にそんなの存在するのでしょうか?

コンサートの宣伝やネットで「○○の天才!現る!!!」みたいなものをよく目にすることがあります。これはもう、日本コピー世界のお約束なようなもので、故意に「大袈裟に、目を引くように」造られていて、はじめっから誰もこの人を「天才」だとは信じていな...
ピアノのお部屋

ヴァイオリニスト・ピアニストの卵は、なぜに爪もしくは指の皮をかじるの?優れものの水絆創膏「ササムケア」や「パワーキズパット」

これ、ヴァイオリンをやるお子さんをおもちの親御ならアルアルだと思うのですが、日本は違うでしょうか? うちのムスメもかなり最近までそうでした。 そう、爪を噛むクセです。もしくは爪付近の皮をかじる、もしくは食べちゃう!!! 幼少期...
ピアノのお部屋

初めてのレッスンでもコンサートでもマスタークラスでもなんでも「心配」を「楽しみ」に意識を変えよう!

ピアノでもヴァイオリンでも過度の緊張があるといつもの実力が発揮できないのは、みなさんご存知の通りです。私の生徒さんでも 「家では間違えないで弾けたんです!お願い!信じて!」 なんてことは大人の生徒さんのアルアルです。 逆に...
ウィーン生活

オーストリアで友人を作るにはどうしたらいいの?現実はけっこう難しい、というお話

某所である方が「オーストリアで友人を作るには?」というテーマでつぶやいていらして、私も最近考えるテーマだったので、今日はそのことについて書いてみます。 私は30年以上ウィーンに住んでいます。その間、色々な国の人達と知り合ってきました。...
音楽留学のために

スイスに音楽留学したらどうなるの?物価は欧州諸国に比べると、やっぱり高い〜のおはなし

別にうちの子がスイスに留学しているとか、そういう話ではないのですが、マスタークラス等で定期的にスイスに訪れています。そして毎回痛感することは、やっぱり「スイス、物価すごい〜〜〜!」です。私たちの滞在するのは、チューリッヒなどの大都会ではない...
スポンサーリンク