2022-01

ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリン、その楽器を専門に学ばなかった親御さんは、勝手に練習法などを編み出して子供にやらせては絶対にいけない!というお話

*ヴェンゲーロフの話が以下に出たので、数年前の彼のコンサートの時の写真を想い出に貼ります。娘とドーラとマキシムさん。右は素晴らしいピアニストのジュリアーノ、ウィーン楽友協会の楽屋にて、コンサートの後* そのものズバリです。ヴァイオリン...
ピアノのお部屋

大人のピアノ 生まれて初めてのピアノのレッスンは感激的というお父さんの話

今日はある大人のピアノの生徒さんのおはなしです。今はすっかりコロナが挟まってしまって残念ながらご無沙汰しています。 コロナ禍の数ヶ月前、ある生徒のお父さんから、突然、「私もピアノを始めることに決めました!」とメッセージが届きました。「...
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリン譜読みの前に音源を聴くのはあり?それともなし?

しばしお受けする質問の中で、「新しい曲を始める前に、演奏家のCDやYouTubeを見る事はよくないことですか?」と聞かれます。 お答えは、簡単で「それはあなたのレベルによって違います。」です。 もうかなり弾ける、きちんと基礎ので...
スポンサーリンク
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリンを習うと頭が良くなるのか問題と大人のピアノ 私見です

今日は「ピアノやヴァイオリン楽器の習い事」と「お勉強・頭の良さ」について書いてみたいと思います。 前にも書きましたが、私の生徒のほとんどは、偶然だと思いますが、かなり頭が良く、学校での成績もトップクラスです。語学も(ここは外国なので)...
ピアノのお部屋

ピアノの曲を仕上げる計画を書き出し、きちんと立ててみると楽しいし効率的だと言うおはなし

昨今、YouTubeや他の動画で、プロの演奏家が「譜読みの様子」をアップし、彼らがどのように譜読みをしているかを見ることができます。 きっとピアノを始めて間もない人がこのような動画を見ると、「すごいなぁ、かっこいいなあ」思うと同時に「...
ピアノのお部屋

ピアノの夢 100%でなくても良いので叶える努力をしてみよう!

私はこの歳になって、このことを頻繁に考えます。それは、「これをやりたい!」と切望していることは、100%の形でなくて良いので、それでも実行する勇気を持ちましょう、と言うことです。そうすると世界が広がり、しあわせになれるかもしれません。 ...
音楽留学のために

オーストリアでの2022年のマスタークラスのご紹介 モーツァルテウム・サマーアカデミー

インターナショナル・サマーアカデミー・モーツアルテウム 2022年 コロナ禍で2年行われていなかった、国際的に超有名なマスタークラスです。ウェブサイトはこちら。もちろん英語でも表記されています。うちも娘が11歳から毎夏通っていた、本当...
ピアノのお部屋

オーストリアでの2022年のマスタークラスのご紹介 アレグロ・ヴィーヴォ

どのマスタークラスのウェブサイトにも掲載されているように、まだまだコロナ禍ですので、開催されるかどうかは最後の最後まで分かりませんが、開催されることを祈って書いてみたいと思います。 本日は、長年の歴史があり、今ではオーストリアの巨大マ...
ピアノのお部屋

欧州での音楽大学でのレッスンの録音や録画についての私見 みんなどうしてる?

*写真はウィーン3区にある、ウィーン国立音楽大学の校舎* 昨日と一昨日の続きになります。ヨーロッパの音楽大学の一般的な話です。 日本の音楽大学の事情を知らないので、日本ではどうなのかしら、と思ったりもします。私の時代は、録音したいと...
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリン レッスンでの録画・録音について 勇気を出して、先生にお願いしてみよう!

その前にお知らせです! 「ピアノ佳奈ウィーンドットコム・ウィーン生活編」としてアメブロをはじめてみました。まだ1日しか書いていないのですが、こちらにはウィーンの生活の様子を載せてみたいと思います。まだ使い勝手がよくわからなくて、かっこよく...
ピアノのお部屋

ピアノ・ヴァイオリン マスタークラスや講習会における録画・録音のおはなし

お題通りです。 もちろん大前提ですが、事前に教授に許可を頂きましょう。これは常識ですね。 有名な教授のマスタークラスや講習会だと、みんな当たり前のように三脚を立て録画しているので、明らかに「録画OK」のオーラばりばりですが、そのよう...
ピアノのお部屋

ピアノもヴァイオリンも、みんな大好き、脱力のおはなし。さあ、どう教える?どう習う?

「脱力」「脱力奏法」これも日本で非常に愛される表現です。 ある程度の脱力は、どんな楽器の演奏家にも必要で、それがなければ30分以上のコンチェルトやひと晩2時間のリサイタルを「痛み」なしにこなす事は不可能だと思います。 さて、それでは...
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリンの本番にそなえて、本番が近くなってきたら、やるべき事とやるべきでない事について私見です

本番に備えて、みなさん、ご自分のルーチンを決めていらっしゃると思います。 例えば、本番の時間に合わせて、その時間に一番良いパフォーマンスができるように、生活リズムを合わせる、とか瞑想や呼吸法、マインドフルネスを実行して心を落ち着かせる、と...
ピアノのお部屋

ピアノのレッスン どんなに集中力のないワンパクな子供でも、しつこく、追いかけ、褒めちぎると、大概はうまくいく、というお話

今日のお話は、お題通りです。昨日のレッスンからのおはなしです。 年末に、レッスン後にグランドピアノの下に潜り込み、私のサイレントシステムのケーブルを見事にいじくりまわし、機能しなくしてしまった、おフランスのワンパク坊主、5歳児くん、今...
ピアノのお部屋

ピアノ・ヴァイオリンのレッスン レッスン料金やお月謝のおはなし「値上げ編」トラブルを避けるための提案

日本でのピアノやヴァイオリンお教室は「お月謝制度」というのをよく聞きます。年間でレッスン回数がうまい具合に決まっていて、日本の先生方から伺うと、なるほど、よくできてるなあと感心することもあります。受験生やプロに習う場合は、ワンレッスン制が多...
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリンのレッスン、何歳から、いつから始めるのが理想?

アジアやアメリカの一部では、「まだこれ、赤ちゃんでしょう〜?」という年齢からヴァイオリンやピアノを習わせることが、めずらしくありません。 実際にそれでプロになっている人もいるし、その子に合った年齢や環境、というものがあるので、一概には...
ピアノのお部屋

ピアノのレッスン たまには息抜きで遊ぶのも楽しいよ ビートルズのlet it beをひくぞ!の巻

私の9歳の可愛い真面目な女の子生徒ちゃん。クリスマス、新年とニューヨークに家族で豪華なバカンスを過ごし、全くピアノにさわらないこと3週間!キレイさっぱり、何もかも忘れてるんだろうなあ、と思いつつレッスンしてみると、やっぱりかなり忘れてる。こ...
ヴァイオリンのお部屋

ヴァイオリンのレッスン はじめのコンチェルト リーディングのop35 h-mollの思い出

リクエストがあったのでちょっと触れてみます。ヴァイオリンの初期学習に興味のある方が、どのくらいいらっしゃるかわからないのですが、まあ、娘の場合です。 ヴァイオリン指導者の先生、どのかたも自信を持って指導をなさっていると思うので、あくま...
ピアノのお部屋

ピアノやヴァイオリン 子供が難曲を弾くことについてどう思うか 私見です

お答えから言うと「弾けるなら弾くべきだと思う」が私の意見です。 しかし問題は、何をもって「弾ける」とするか、です。以下、全く私の意見です。多くの考えの教授や指導者の方々がいらっしゃいますが、ご参考になればと思って書きます。 ピア...
ピアノのお部屋

日本で愛される「バリバリ弾く」について、ちょっと考えること 日本(アジア)と欧州の好まれる傾向の違いについて私見

「あの人って、何でもバリバリ弾けるのよ!」「あ〜、早くショパンの木枯らしエチュードがバリバリ弾けるようになりたい!」「バリバリ弾けてカッコいい!!!」こういう言葉を日本ではいつも耳にしてきたし、私も日本に居たときは普通に言っていたと思います...
スポンサーリンク