2022-01-20

ピアノのお部屋

ピアノもヴァイオリンも、みんな大好き、脱力のおはなし。さあ、どう教える?どう習う?

「脱力」「脱力奏法」これも日本で非常に愛される表現です。 ある程度の脱力は、どんな楽器の演奏家にも必要で、それがなければ30分以上のコンチェルトやひと晩2時間のリサイタルを「痛み」なしにこなす事は不可能だと思います。 さて、それでは...
スポンサーリンク