ウィーンからオーストリア情報 コロナアップデート他 6月10日(水) 

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア情報

新型コロナウイルス状況

先週の新型コロナウイルス回復者は約250人

保健省の発表によると、先週のオーストリアの新型コロナウイルス回復者は6月9日23時現在で250人となりました。現在までの総回復者数は15,875人、先週の火曜日時点では15,629人でした。検査総数は500,921人です。

432人が現在感染中で先週の金曜日(429人)と比較して、いくらか減少しています。

84人が入院中、そのうち19人が集中治療を受けています。前日比で2名増加。新型コロナウイルスによる総死亡者数はEMSによると646人です。

ORF.at/corona/daten

国境閉鎖措置の延長について

連邦政府は本日、国境開放について再び検討します。検討されるのは20を超える欧州国との国境開放問題で、イタリア、ギリシャも6月16日には解放されるのではないかとのこと。国境閉鎖政策は6月16日に期限を迎えますが、多くの国と延長はないもよう。新型コロナウイルス陰性証明の提出義務や、14日間の自宅待機義務がなくなる可能性もあります。

Ohne Test und Quarantäne: Grünes Licht für Kroatien-Urlaub
Reisen in die und aus den Nachbarländern nach Österreich sind seit Anfang Juni wieder möglich – bisher mit Ausnahme Italien. Mit den Reiseerleichterungen für Rü...

ザルツブルク音楽祭 創立100周年

かなり縮小したプログラムと厳重なコロナ対策の元に行われます。音楽祭オープニングは7月25日で開会式はありません。プログラムの代表的なものは、

  • シュトラウス「エレクトラ」(初演:8月1日、Felsenreitschule)
  • モーツァルト「コシファントゥッテ」(初演:8月2日、グロースフェストシュピールハウス)
  • ユーゴ・フォン・ホフマンスタールの「イェダーマン」(初演:8月1日、大聖堂広場)
  • 「Zdenek Adamec」(Peter Handke作)(初演:8月2日、Landestheater)
  • “Everywoman” by Milo Rau / Ursina Lardi(初演:8月19日、ザルツブルクシーン)

当初発行されたチケットは約242,000枚。しかし今年入場できるのは約80,000名の観客だけです。これはもちろんコロナ対策のためで、距離規則を厳守する必要があるためです。そして通常法律で定められているのとは反対に、家族や世帯で一緒に暮らしている人同士でも、公演では離れて座らなければなりません。座席を除き、マスク着用も適用されます。休憩ビュッフェもなし。休憩も入れません。

Salzburger Festspiele: Starkes Krisenprogramm und strenge Regeln
Angesichts der bis vor Kurzem noch so düsteren Prognosen für den Kultursommer fällt das Programm der Salzburger Festspiele heuer viel stärker aus, als für mögli...