ウィーン アフターコロナ 学校の再開

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア・ウィーン アフターコロナ

オーストリア 学校の再開

学校再開において6つの質問

18日の月曜日から、いよいよ学校が再開されます。さて、どのような感じになるのでしょうか?以下、クローネン紙のウェブサイトからです。

グループはどのように分けられますか?

ひとグループは最大18人までで分け方は学校に任されます。基本、兄弟は同じ日登校できるように配慮されますが、不可能な場合もあります。

親がオフィスに戻らなければならない場合の子供のケアはどうしますか?

前と同じように、学校の体育館や他の空いている部屋などでケアされます。前もって申し込みをするように。

休日との間に挟まれた平日、授業はありますか?

教育省によると、オーストリアの約6,000の学校の90%は、開校日に開校しています。

60歳以上の教師は、仕事を休む権利がありますが、教育者不足になりませんか?

教育省は、何人の教師がそれに該当するのか正確な数字を持っていませんが、わずかであるということです。しかしながら彼らは遠隔授業を行わなければなりません。

コロナ学年の成績評価はどうですか?

成績について、多くは目をつぶってもられる状態です。ファスマン大臣は「学年度を適切に終えたい」と考えており、落第は可能ではありますが、かなりゆるい規制になるとのこと。

コロナの疑いや感染が出た場合はどうなりますか?再び学校閉鎖になりますか?

その場合は非常に正確な計画が建てられています。該当するクラスとすべての担当者は隔離されます。学校閉鎖については保健省が判断します。

https://www.krone.at/2155964

私のピアノの生徒達も明日からの学校をとても楽しみにしています。手洗い等をきっちり守って、楽しく健康に学校に戻れますように!

ウィーン市2区 アウガルテン Wien Augarten

ウォーキングを兼ねて、ウィーン市2区にあるアウガルテンの公園に行ってきました。我が家から歩いてちょっとです。レストランや飲食店の暖和措置もすすんでのウィーンなので思ったよりも沢山の人が出ていました。マスクをしている人は皆無。子供達も自転車に乗ったり、大人はボール遊びをしていて楽しそうでした。

ウィーン アウガルテン

はじめにチラッと見える大きな建物はナチスが作った第二次世界大戦の巨大な高射砲塔です。こちらの写真でどどーんと見えます。ちょっとおどろおどろしいですね。

ビデオには写っていませんが奥の方にはアウガルテンの陶器工房があって平日なら購入することもできます。アウガルテンのお店の写真はこちら。遠くて全然見えない。今度行ってきます。

その奥には日本の皆さんがとても愛してくださるウィーン少年合唱団があります。今はみんな自宅に帰ってますが、普段はここで生活し、勉強しているのです。2012年に新しいホールもできて、いつもコンサートが開かれています。

今日のおすすめ ウィーン少年合唱団

ここまで話がいったらもちろんお勧めはウイーン少年合唱団のCD以外にお勧めするものはないでしょう!

でも日本のウィーン少年合唱団ファンの方々はきっともうお持ちなのでしょう。

さて、コロナ危機でウィーン少年合唱団も残念ながら経済危機に陥っています。6月末までの赤字は百万ユーロだそうです。余裕のあるファンの方は下のリンクから寄付をどうぞ。

Die Wiener Sängerknaben - Home