オーストリア 新型コロナウイルス情報 ウィーンより 3月18日(水)

Breakfastオーストリア・ウィーン情報

ニュースを見ながら朝ごはん。

今日のウィーンの様子

今日もお天気が良く、相変わらず美しいウィーンです。朝のお散歩は快適で、コロナ騒ぎが嘘のよう。とにかく静かです。みんな「1人で散歩をする」という規則を守っています。(最高5人まで、しかも家族)多くの人は協力しあい、お互いに思いやりを持って生活しています。ギスギスしたような嫌な人にはあいません。オーストリア人は素晴らしいです。

陽性患者数

  • 午前8時の報道です。テストを行った11,977人のうち、陽性は1,471人でした。多いのがチロルで352名、ウィーンは180名。そのうち完治したのは8名です。

持病を持った方へ

  • 持病持ち、定期的に薬が必要な人は、主治医に連絡し、処方箋を直接薬局に送ってもらい、受け取ることができます。医師への訪問を(この場合はいわゆる町医者)避けて下さいとの事。

クルツ連邦首相の記者会見

午後、クルツ首相が閣僚会議の後に、打撃を受けた企業のために最大380億ユーロの援助パッケージを提供すると発表しました。大量失業を防ぎ、可能なかぎり多くの人を救う事が目的です。以下、ざっくり書きます。

Sponsored Link

「オーストリアは緊急事態に多くの費用が使えるように、良い時期に節約してきました。今がその時です!」とクルツ首相。40億ユーロの既存のパッケージを、380億に増加します。特に影響を受けるセクターへの緊急援助は150億ユーロ、100億ユーロは税の後払いへの為、90億ユーロはクレジットの保証の為に充てます。

コグラー副首相は「今回の危機は第二次世界大戦以来の最大の危機であり、これを乗り越えるためにはするには大掛かりな措置が必要です。そして最も重要な我々からのメッセージは、職場確保と企業のために必要なものはすべて用意する事です。」と述べました。

「誰も置き去りにしない。いつもの収入の8割くらいになってしまうかもれないけれど、全ての人を救済する。時間はかかるかもしれないけれど、辛抱して欲しい。」という心強いメッセージが伝わる連日の政府の対応に、私は心強く感じています。

とはいえ、このような状態が長く続けば、協力体制を示しているオーストリア人達も徐々に焦りを感じてくると思います。一刻も早いコロナの収束を願って止みません。