ウィーン市 10月からインフル・ワクチン接種無料化ほか 7月17日(金)

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア情報

新型コロナウイルス状況

新型コロナウイルス入院患者数94名

現在、オーストリアでは1,315人が新型コロナウイルスに感染しています(7月16日23時現在)。94人が入院治療を受けており、そのうち11人が集中治療を受けています。

これまでにオーストリアで登録された新型コロナウイルスの総数は19,340件(7月16日23時現在)。合計1万72444人が回復したとされています。全国で合計72万6,345件の検査が実施されました。

疫学的通知システム(EMS)によると、これまでにオーストリアで、685人がコロナウイルスで死亡しています。

ORF.at/corona/daten

ウィーン 10月からインフルエンザの予防接種が無料化!

10月からウィーン市では、誰でも無料でインフルエンザの予防接種を受けることができます。これは新型コロナウイルス対策の一環として行われますが、ニーダーエスターライヒ州は批判しています。

ラジオ・ウィーンが保健局のハッカー議員(SPÖ)の事務所に聞いたところによると、予防接種にかかる費用もワクチンにかかる費用も負担されます。市が購入したワクチンは計40万本。インフルエンザの予防接種率を現在の8%から3倍の24%にするといいます。

現在、その試運転として、ウィーン・メッセにおいて1日約200人がTBE(ツェッケン)の予防接種を受けていますが、10月からの予防接種キャンペーン開始にはこれでは足らない状態です。そのため、公的な予防接種センターや民間の医師も参加することになります。しかし、ワクチンの投与量の正確な配分については、まだ議論があります。

ウィーンのみでの予防接種の予防接種

プレッセ紙によると、他の連邦州では、コロナウイルスによるワクチン接種意欲の高まりが期待されるものの、ワクチン接種量は例年よりわずかに多い程度にとどまっていると言います。

ニーダーエスターライヒ州薬剤師会議所は、ウィーンでのワクチン入手手続きを批判しています。昨年よりも秋には同州での薬局でインフルエンザのワクチンがさらに少なくなることが危惧されており、「私は多くの薬局がもっとワクチンを購入したいと希望していると思いますが、昨年よりも少ない数量しか割り当てられていません。」とニーダーエスターライヒ州の薬剤師会議所の会長がORF(オーストリア放送局)に述べました。

Gratisgrippeimpfung ab Oktober
Ab Oktober bietet die Stadt Wien eine Gratisgrippeimpfung für alle an. Damit will die Stadt auch die Situation im Hinblick auf das Coronavirus verbessern. Kriti...

これはかなり画期的なニュースです。私もこの秋には絶対にインフルのワクチンを受けようと思っていますが、このコロナ禍で人が殺到し不足するのではないかという心配もありました。そして通常20ユーロ位かかるのでそれが無料になるのも大きいです。(家族3人だと約60ユーロ!)ウィーン以外の州の希望者にも全員行き渡ることを望みます。