オーストリア・コロナ情報 ウィーンのアフターコロナ状況

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア・コロナ情報

オーストリア 回復者数が増加!

保健省の統計によると、新型コロナウイルス感染の回復者が急増しています。昨日の14,700人弱から14,882人に増加しました。(20日午後5時現在)

陽性患者数も大幅に減少しました。20日の患者数は838人で3月中旬以来、初めて1,000を下回りました。これは、316日の外出制限措置開始時よりも少ないことを意味します。

集中治療室の状況も依然として安定しています。アンショーバー保険相によると、現在オーストリアでは37人が集中治療を受けており、ピークは48日で267人が治療を受けていました。

news.ORF.at
news.ORF.at: Die aktuellsten Nachrichten auf einen Blick - aus Österreich und der ganzen Welt. In Text, Bild und Video.

ウィーンの馬車/フィアカーも不況

ウィーンの名物である馬車、フィアカーも5月初めから再び営業を許可されています。運転手(?)と顧客はそれぞれマスク着用が義務つけられています。

しかし、いくら営業が許可されても観光客がいません。

ウィーンにはフィアカー会社が21社、約300頭の馬が働いています。1日58の馬車が運営許可されているそうですが、現在は大手のフィアカー会社でも1日の売り上げは1つ、もしくはゼロだそうです。国からの助成金は5月から7月までの3ヶ月分すでに支払われており、オーストリアにおけるフィアカーの地位は断固たるものと運営側は述べています。(1頭につき餌代等で3ヶ月で€ 750)助成金の他、個人からの寄付もあるそうです。

しかしながら動物愛護協会(VGT)は、炎天下の元で馬が働くことには反対で、助成金が支払われる事に納得していないようです。

 

Fiaker mit Schutzmasken unterwegs
Die Wiener Fiaker dürfen seit Anfang Mai wieder in der Stadt fahren. Die Kutscher und ihre Fahrgäste müssen dabei einen Mund-Nasen-Schutz tragen. Das Geschäft g...

ホテルの緩和規制

18日ケスティンガー観光相はアンショーバー保健相との記者会見で宿泊施設の再開に関する発表を行いました。

  • 29日からホテル・ペンションが再開されます。レストランと同様に従業員は宿泊客と接する時にマスクの着用は義務、宿泊客は入店するときにレセプションにおいてマスク着用義務。人との距離は1mを確保する必要がありますが、その場その場に置いての例外あり。
  • 29日からホテル内のプール施設の利用も可能になります。公共のプール施設と同じ規制が適用されます。(1mの距離の確保等)
  • ホテルのビュッフェ形式の朝食は可能。衛生措置は規定に従うこと。食事についてはレストランと同様の規制となります。
  • ホテルでの100人までのセミナーの開催も許可されます。共同寝室のある山小屋や宿泊施設も再開が可能ですが,寝台間に2mの距離を確保するか、もしくは別々の寝室にしなければいけません。