オーストリア中央銀行の弦楽器コレクション

ヴァイオリン塾

オーストリア中央銀行の弦楽器コレクション

写真はオーストリア中銀の御用達
マルセル・リヒター氏の
工房にて。

有名な話ですが、
オーストリアの中央銀行は
高品質な名器弦楽器を保有しています。
こちらはその
オーストリア中央銀行のウェブサイトです。

このコレクションの歴史は1989年に遡ります。
当時、有名な
「ウィーン・フィルハーモニー金貨」発行の際
中央銀行が
3つの楽器を購入したのがスタートです。

コレクションはアントニオ・ストラディヴァリのヴァイオリン8本、
グァルネリ・デル・ジェス2本など、
44本の高品質な楽器で構成されています。

オーストリア中央銀行の素晴らしいところは、
これらの楽器を保管庫に眠らせるのではなく、
オーストリアの音楽家が恒久的に利用できるようにしているところです。

オーストリア国籍を持つ演奏家が
このオーストリア中銀のサポートを受け
国際的なキャリアをスタートさせています。

ウィーンフィルの団員や
オーケストラのコンサートマスター、
有名な室内楽のメンバーが
中央銀行の名器で演奏しています。

コレクションの掲載されたPDFはこちらです。
美しい名器をお楽しみください。