オーストリア・ウィーンに移住して体験したこと/お店のサービス

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア・ウィーン移住して体験したこと/お店のサービス

今日はスーパーマーケットではなくて、
高級ブランド店でのおはなしです。

有名ブランド店での伝説的あるある話

高級ブランド店に入ったら
いきなりカタログを投げつけられ、
顎で、

「ホイ、そこから選びな!」と言われた。

こんなストーリーを
欧州に澄んでいるとよく耳にします。

でも実際にこういう目にあった
という人を知らないので
たぶん「伝説」ではないかと思います。

私はオーストリアに移住してから
日本にいた時のように
ブランドのバックが欲しい!
という欲求がなくなったので
ブランド店を訪れる機会がありませんでした。

有名ブランド店の今 ウィーン・ルイ・ヴィトン店

今、と言ってもコロナ前の話になりますが。。。
友人がおともだち数人を連れ、ウィーンに来た時のことです。
観光やお食事をして楽しんでいたのですが
ある人が、

「私、ヴィトンとかにも行ってみたいな。。。。」
とポツリと言い出し、すると他のお友達も!
「え、私も行きたいかも!!!」
と賛同、みんなで行くことになりました。

上の伝説を知っていたので、
こんな大人数(7人くらい?)で行って
お店の人に嫌な対応をされたら
せっかく旅行に来たのに
みんなに嫌な思いをさせたくないな、
とちょっと心配だった私。。。。。

勇気を出してドアを開けると
綺麗な店員さん達が揃って、
「いらっしゃいませ〜〜〜」(とはもちろん言わない)
英語でハローと言ってにこやかに挨拶をしてくれます。

友人達は水を得た魚のように
「あら、これ日本で売ってないモデルかも!」
とか
「ちょっと、こっちのが安くない〜?」
なんてもう、最高に盛り上がっています。

私は買う予定がないので
「何をお探しですか?」
と丁寧に話しかける店員さんに
「通訳です」
と、嘘をつき、(笑)

「まあ、それじゃあ、ここにお掛けになって」
なんて親切に椅子に案内されて恐縮。。。

友人達、さすがマダムです。
買う・買う・買う。

店員さん達の対応のそれはもう
優しく親切で丁寧で、予想外だったので感激しました。

私はこのような店にいつも行くヒトではありませんが
きっとサービスは昔に比べると
かなり向上したのでしょう。

お店をでて、みんながルンルン女子大生みたいに(昭和死語?!)
喜んでいる顔を見て
私もとってもうれしくなったのを覚えています。

オーストリア・ルイ・ヴィトンのウェブサイトはこちら

あーあ、本当に
コロナが終わって、またみんなに遊びに来て欲しいです。
去れ、コロナ!