ウィーンからコロナ情報 レストラン、バオバー紹介 6月22日(月)

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア情報

新型コロナウイルス状況

感染症例数は少し増加、しかし入院患者は減少の傾向にあります。

保健省によると新型コロナウイルスの患者数は、前日に比べて38人増えて17,285人(6月21日23時現在)となっていますが、入院患者数(集中治療室なし)は5人減少しています。現在も69人が入院しており、そのうち8人が集中治療を受けています。

これまでに664人が死亡、現在症状がある人は454人となっています。560,584件の検査が報告されています。

ORF.at/corona/data

ウィーン、レストラン情報

レストラン・バオバー

娘のリザ・マリアが雨の中、1人で行って来ました。私も誘われたのですが、週末雨だったので流石にアウト。思ったより安くて美味しかったそうです。

クリスピーチキン(手前)と豚バラ

 

ご覧のように、この日本でいう中華まんの皮がバーンズになっているんですね。娘が選んだのはクリスピーチキンで、これは本当に美味しかったそうです。

豚の方は日本人には塩味がキツすぎると言っていました。うーん、そんなに美味しいんだったら今度行ってみようかな。

気軽に入れるウィーンのインビス(軽食)店です。ウェブサイトはこちら→ レストラン・バオバー

ウィーン2区と7区にあります。マリアが行ったのは7区の方。デリバリーもできます。