本番前日にオススメの食事 バナナもいいけど、ステーキも最高かも、の件

ピアノ塾

*写真は最近の私のお気に入りの飲み物。ホルンダー(ニワトコ)のシロップをミネラルウォーターと白ワインで割って、冷凍のフルーツをたくさん放り込んだギンギンに冷たい飲み物です。ワイングラスはザラ・ホームで買った、すごく安いやつ*

以前、こちらで試験やコンサートの前に気をつけることのひとつとして、食べる事について書きましたが、私のイチオシ、バナナに加え、前日早めの夕食として、ステーキを加えたいと思います。ステーキといっても、脂身いっぱいのものではなく、フィレです。赤身。

コロナ禍でステーキに凝り、ミディアム・レアに調理するのが、すっかり上手になってご機嫌の私なのですが、これは本当にお腹にもたれないのでご紹介してみようかな、と思いました。

私がよく買うのはTANNのフィレステーキ/TANN, Rinds-Filetsteak
ウィーンのスーパーマーケットで普通にどこでも売っています。

牛の色々な部位のステーキを売っていますが、フィレでなくても同じ様に赤みで油や筋の多くないものならOKです。でも一番柔らかくて消化がいいのは、やっぱりフィレ。

買って、常温に戻し、よく研いだ包丁で表面にさささ〜っと切れ目を入れます。
そして、フライパンにオリーブオイルをよく熱し、ニンニクの薄切りをさっと炒め、お肉を投入。50秒くらい強火で焼きます。そしたら弱火にして2分、裏返してまた強火で50秒くらい焼いて弱火にして2分半くらい放置します。

焼けたお肉をさっとアルミホイルに包み、4分くらい待ちます。
その間、フライパンにバターとお醤油を少々入れて、最後にはアルミホイルに出てきた肉汁を投入、少し火にかけます。すんごく簡単、私でも楽に上手に焼けます。

これだけ繰り返し食べているのに、写真が全くないことに気が付きました。今度撮って追加しますが、こんな感じに仕上がります。

お好みで、和がらしを添えていただきます。

ここで大切なことですが、付け合わせはマッシュポテト少しか、緑のサラダだけ。
白米類は絶対に食べません。ご飯を食べたいところですが、ご飯とお肉を一緒に食べると、もたれます。本番前は絶対にNGです。。。。

焼き加減はお好みがあると思いますが、レアに近いミディアム・レアがうちのお気に入りです。ソースにバターが入ってるのですが、なぜかお腹にもたれません。お試しあれ!