海外のマスタークラス等で教授に「ダメ出しをされた」と感じたら「お金を払って参加してよかった」と喜びましょう!

音楽留学

私がマスタークラスなどの通訳をして毎回見る光景で、本当に不思議だと思うことがあります。それは、レッスンで教授が日本人の学生さんに沢山の指導をすると、その多くの学生さんが、

「あ〜〜〜!!!こんなにダメ出しをされてショック!」と激しく落ち込むことです。

一方、何回か通して弾いただけのレクチャーで、大した指導もなしに「大変美しく弾けています」なんて言われると、嬉しそうに帰っていきます。

あるロシア人の女性は、マスタークラスでベートーヴェンのソナタを弾いていたのですが、「教授、あとここはどう思います?2回目はフォルテでいいと思いますか?それとここも、この指使いは?ここは?」
とかなり粘り強く質問していました。最後は教授が根負けして「本当に申し訳ないけれど、次があるので今日はここまで!」と逃げていました。

ある韓国人の女性は、コンチェルト全楽章を演奏し、教授が具体的な指導をせず、「素晴らしい演奏で感心しましたよ。ところで2楽章のここのフレーズは何色だと思いますか?」
みたいなレッスンを受け、レッスン後私に、
「この教授の講習会は2度と受けないわ。お金を貯めてきたのに、何にも習えなかった!最低!!」とガッガリしていました。

この違い、わかるでしょうか?

受講生は皆、お金を払ってマスタークラスや講習会に参加しているのです。
これは褒められにきているのではなく、お金を払って、その教授の指導を購入しに来ているのです。だから、「良く弾けてます」で終わってしまった場合は、普通、多くの学生は不満に思うのです。どんなに弾けていても、指導やアドヴァイスするところは山積みにあって、それができる人がマスタークラスで教えているのですから。

何が言いたいかというと、マスタークラスに来て指導されることは、日本語で言う「ダメ出し」ではなく、指導です。外国のマスタークラスに参加する本来の目的は褒められることではなく習うことなのです。

例えば「暗譜もしていない曲を持ってくるなんて」とか言われるのは恥ずかしいですが、内容の指導をしてくれるのは当たり前のことなので、落ち込むことでは決してありません。

初めての教授のレッスンで褒められればそれは嬉しいですが、その事ばかりに気を取られず、あくまで自然体、必要以上に構えず、意欲的にレッスンにのぞみましょう。

そうしたら教授もやる気が出るし、相乗効果が働いて実のあるレッスンになる可能性は大きいです。自信を持って、頑張りましょう!