日本でいう、音楽大学の附属中学校・高校というものはオーストリアに存在しません、という話

音楽留学

日本には例えば、東京藝術大学であれば、その附属高校というものがあります。
そこでは、普通の高校の授業も受けて、音楽のレッスンも受けることができます。桐朋にも東京音大にも、その他多くの日本の音楽大学には附属高校というものが存在します。

しかし、オーストリアに、そのシステムはありません。
ここ、子供留学を望む方々が多く勘違いをなさっているので、押さえておきたいポイントです。

ウィーン国立音楽大学を例にあげます。
そこには、16歳までが参加できる、「才能教育クラス」という部門があります。
ここは小学校でも中学校でもなく、レッスンが受けられ、それに加えてちょっとソルフェージュがあったり、合奏があったり、という機関です。入試があって、合格したら参加することができます。授業料もしっかり払います。レベルはもう、色々。
「才能教育クラス」のウェブサイトはこちら

もちろん、ここに所属しても、これだけでは滞在許可はおりません。オーストリアは14歳まで義務教育なので、普通の学校に通う義務が生じます。

満16歳になったら、この上の機関である、「予備科」を受験することができます。
「予備科」のウェブサイトはこちらです。

レベルについては、こちらはかなりシビアになってきます。好成績を収めるのは、だいたい若い学生が多いのですが、ここら辺の年代がいちばん高い得点を出します(まあ、年齢を考慮した評価だから)初めから教授とコンタクトがあって、それから受験するのが好ましくなってきます。

バチェラー(正規のいわゆる音楽大学)の入試で得点が足らなかった人がここに所属することもあります。基本、19歳まで参加できます。
こちらも基本、レッスンとソルフェージュ、学科によっては合奏があったりしますが、前述の「才能クラス」同様、中学や高校ではありません。

滞在許可が下りるかは微妙。降りるべきものなのですが、正直、ダメだった人もいて私はよくわかりません。オーストリアのアルアルですが、ある人はすんなり行って、他の人はダメだった的なことは実際に残念ながらあります。きちんとした弁護士事務所に依頼する方が安全。

この予備科はお勧めです。なんと言っても、授業料が無料なのです。(外人でも!)そして音大入試のソルフェージュの準備をきちんとしてくれるので、音大入試にかなり助かります。大切な事は、予備科に入学しているからといって、エスカレーター式に音大に入れるわけではないことを知っておくこと。入試でダメだったら落ちます。

さて、これでオーストリアに音楽大学の付属校というものが存在しないことがお分かりになったと思うのですが、それではみんなどうするのでしょう?という質問のお答えは、「大抵、普通の学校に行く」です。

音楽を学ぶことに重点をおいたギムナジウム(日本の中高のようなもの)に、ウィーンではムジーク・ギムナジウムというものが存在します。
ムジーク・ギムナジウムのウェブサイトはこちらです。
ここに通う留学生もいますが、どこの学校にしても、実際、いきなり中学・高校の授業をドイツ語で受けることになるので、言語のかけ離れたアジアの子供たちにはかなりの負担になることは変わりません。そしてここはギリギリに申し込んでも定員がいっぱいで入れないことが多いので、事前の準備が必須です。

さてさて、以上のことを考慮すると、子供留学はかなりの覚悟がいることがお分かりになるかと思います。
解決策、皆さんどうしているかについてなど、この先はまた長くなりそうなので後日書きます。