ピアノ うちの子、うちで全然練習しないんですけれど、どうしたらいいですか?

ピアノ塾

熱心な親御さんが、絶対にいう言葉。
私もヴァイオリンではありますが、娘の先生に口が酸っぱくなるほど何万回も言った言葉です。

結論、私の場合でありますが、趣味であれば、別におうちでガンガン練習しなくて良いです。私が魅力的なレッスンをして、子供が「げ、この曲すごくかっこいい!」とか「面白い!」と思えば、自然にうちで弾きます。別に1日に1時間とか練習してくれなくて、私は全然構わないのです。なぜかというと、うちに通うだけである程度弾けるようになる事は、経験からわかっているからです。焦る必要はない。楽しく一生ピアノをやっていただければ、それで私も生徒も満足なのです。

しかし、音大に行きたい!とかピアノやヴァイオリンを仕事にしたい!という場合は全然話が違います。
どんな子供でも1日に数時間練習するべきですし、それをコンスタントに続けなければいけません。楽しいだなんだなんて、そんな甘い話ではないのです。楽しくない時だってあるし、好きでない曲もやらなければいけない。これが仕事にする、ということなんですね。

だから、趣味で楽器を習う場合、ある程度はおうちで練習するべきですが、「練習しろ」「練習しろ」と親にいわれて、ピアノが嫌になっちゃってやめちゃった、という例もたくさんあると思います。数年習っていて、マトモに弾ける曲が全くない!というのではかなり問題で、続けさせるかどうか、教師を変えるかなど、考えるべきですが、弾ける曲がコンスタントにあって、子供が喜んでレッスンに通っているのならば、必要以上に練習しろ〜〜と言わない方が良いかもしれません。と私は思います。
子供が自分からある程度練習して、楽しんでレッスンに通うのであれば、放っていても先生がちゃんとしていれば大丈夫です。