オーストリア 音楽夏期講習のご紹介 ヨーロピアン・ミュージック・ヴィエンナEMIV

音楽留学

オーストリア 音楽夏期講習のご紹介 ヨーロピアン・ミュージック・ヴィエンナ

ヨーロピアン・ミュージック・インスティチュート・ヴィエンナ

ウィーンで長年行われている有名なマスタークラスです。
ウェブサイトはこちらです。
1月7日までに申し込むと、40ユーロくらい安くなるそうなのでご紹介しておきます。

私のお勧めするのは、特に子供向けのピアノだとVladimir Kharin氏。
彼のページはこちら
7月13日から17日。
彼はロシア人で子供を教えるのがとても上手です。
ウィーン国立音楽大学でも教えていて、予備科にも優秀な子供達がいます。親日家で、お会いするたびに日本語が上達して驚きます。子供留学にぴったりの先生。良い意味で厳しく指導してくださいます。私のイチオシ。

ヴァイオリンでは日本でも有名なパヴェル・ヴェルニコフ氏が奥さんのスヴェトラーナと一緒に教えます。
彼のページはこちら。通常ならかなりの人数が集まります。ムスメも数年前は何回も受講してお世話になりました。
期間は7月14日から19日。
ヴェルニコフ氏はウィーン私立音楽大学で、奥様はスイスの音大で教えています。
ヴァイオリンは講師があと2人いらっしゃいますが、ウィーンの音大の先生ではありません。

この講習会には子供のためのクラスがあります。7歳から。
子供のためのクラスのページはこちら
こちらは子供留学の準備というより、オーストリアに来てウィーンを楽しむご家族向き。お遊びと思っていただいて大丈夫です。
日中、子どもがレッスンを受けて、いろんなアトラクションをやっている間に親御さんはウィーンを観光して楽しむ、みたいな感じです。去年はコロナでこの講習会自体行われませんでしたが、毎年各国から色々な人達が集まります。本当に楽しく、先生たちはボロボロになります(笑)子供留学とはちょっと違う雰囲気です。

ピアノ・チェロ・ヴァイオリンのクラスがあります。
ヴァイオリンはヴィノクロフという先生が教えます。時間が合えば、ピアノ伴奏は多分私がやることになります。ヴィノクロフ氏はロシアンシューレで、評判の良い先生です。(しかし音大の先生ではない)

この講習会のウェブサイトをご覧になると見えますが、ウィーンのラウドン城というお城で行われます。最終日にはコンサートが行われます。
興味のある方はチェックなさると良いと思います。

以前お知らせしたように、留学準備のために現地の講習会に参加することははじめの一歩です。
リストで教授群をリサーチしてみてみましょう。