オーストリア音楽留学、教授を見つけましょう

留学

写真はウィーン国立音楽大学の校舎、ウィーン3区です。

オーストリア 音楽留学にはまず、教授を見つけましょう

留学先の教授を見つけるには?

いろんな学生さんがいて、
「私のエスプリはフランスだからパリに留学するわ」
、という人はそうして頂いたら良いとして、私がお勧めするのはまず、習いたいと思える教授をみつけることです。

そしてその先生が教えている音楽大学にチャレンジする。

教授を見つける方法としては、

その1、音大の先生に紹介していただく

その2、留学したことのある先輩に紹介していただく

ということになると思います。
しかし、自分の足で探す事も大切だと私は思います。
どんな演奏が好きで、自分が何を習いたいか。
もっと言えば、
留学は人生のゴールではありません。
留学を自分の将来の為にどう活かすかを真剣に考えても悪くないかと思います。
「せっかく音大に行ったので1年くらいは留学してみたいと思うんです。」という人はそれでもOK。全然大丈夫です。
そういう人にあった教授も沢山います。

その3、自分の好きな演奏家をリサーチしてみる

さて、自分で探す手取り早い方法はインターネットです。
留学をしたいというからにはせめて自分の好きな演奏家のひとりやふたり居ると思います。
その人をサーチして、その人の先生、もしくは生徒に着眼してみるのです。
そしてその人が音楽大学で教えていればこっちのもの。
メールを書いてYouTubeにアップした自分の演奏を送りましょう。
YouTubeを送る勇気がない場合は、以下の方法があります。

その4、お目当の教授のマスタークラスを受ける

教授と知り合ういちばんのチャンスはマスタークラスです。
その人が来日してマスタークラスを開けば参加するべきです。
夏には多くのマスタークラスが開催されます。
私が知っているいくつかのマスタークラスを紹介します。

モーツァルテウム・サマー・アカデミー

数年前からネットの申し込みになっています。
7月8月で3期開催されます。インターネットでレギスターして申し込みます。
YouTube審査があり、受講か聴講かに振り分けられます。
運悪く聴講になった場合は事務局が他の教授をオファーしてくれます。
娘のリザ・マリアは11歳の時からほぼ毎年参加しています。

ヨーロピアン・ミュージック・インスティトゥート・ウィーン

ウィーン内のラウドン城というお城で開催されます。
子供のヴァイオリンクラスは私がピアノを担当します。

カリアリ・国際アカデミー

イタリアのサルディニア島で行われるマスタークラスです。
娘が参加したことがありますが、曲があれば毎日でもコンサートで演奏させて頂けました。
演奏の機会が多い事も魅力ですが、教授軍も素晴らしいメンバーです。
オルガニゼーションもとてもきちんとしていて、スタッフも皆優しく、空港までの出迎えから色々とお世話してくれます。食事も美味しく、とても良い思い出です。

この他にもたくさんのマスタークラスがあります。
今は簡単にリサーチできるので調べてみると楽しいと思います。
そしていざ、参加となったらレパートリーを用意して、完璧な状態で出かけましょう!

マスタークラスに参加が決まったら

マスタークラス参加の目的はこの場合、その教授に大学でクラスに入れてもらう事です。
もちろんレッスンを受けてみて、ああ、こんな先生嫌だわ、と思うかもしれません。
それなれば次に行けば良いだけなので気にしないようにしましょう。
しかし準備は万端に。
まずはレパートリーです

マスタークラスに持っていく曲は?

特に指定のない限りヴァイオリン ならコンチェルト(大人ならば全楽章)モーツァルトのソナタ、パガニーニ、バッハ、ヴィルトゥオーゾから数曲用意すれば良いと思います。できれば入試で使う曲、コンチェルト、パガニーニ、モーツァルトあたりが良いと思います。
ピアノならコンクールの課題のようなエチュード、バッハ、得意な曲。いずれも一番長く弾いた、自信のある曲が良いです。譜読み程度で暗譜も出来ていないようなものはダメです。
印象が悪くなってしまいます。最終日に全員が演奏するコンサートもあるので、それ用にもきちんと用意する事。

マスタークラス期間中に、教授にお時間を頂いて、留学したい旨を伝えると良いと思います。
その際、将来の希望なども聞かれると思うので、きちんと自分の考えをまとめておくこと。
良い先生との出会いはあなたの将来を変えます。良い先生と出会えますように。