コンサート当日にどうやって過ごしますか?

Kieti 1コンクール

Lisa-Maria Violine、リザ・マリア ヴァイオリン

1. さあ、あなたは明日の夜コンサートで演奏します

前日からどうやって過ごしますか?うちの娘はヴァイオリニストなのですが、彼女がルーティンにしている事をちょっと書いてみたいと思います。人それぞれ本番の迎え方は違うと思いますが、なんらかの参考になったら嬉しいです。

2. 前日の夕食

大切な演奏会の数日前から特に病気や怪我には気をつけます。人混みに出ない、暴飲暴食はしない、などです。前日の夕食はうちの場合は胃に負担にならないようなものを食べています。例えば、簡単なトマトのパスタ、ご飯に軽いおかず、おみおつけ、等々。絶対ステーキが良いという方もいらっしゃると思うのでそれは皆さんご自分の体調に合わせて召し上がると良いと思います。

3. 何よりも大切な睡眠

緊張して目が覚めて寝られない、ということもあると思います。それでもYouTubeに呼吸法やリラックスの良い動画がたくさん出ているので寝る努力をしましょう。朝は無理をして早く起きて練習しようと思わない方がいいと思います。ここまで来たら練習よりも体力が大切です。寝不足だと緊張します。娘はがっつり寝ます。朝、彼女が決めた時間に起こしたら大変なことになります😱😱😱

4. 当日午前中

しっかり睡眠をとって起きた後はまず瞑想。これは普段から習慣になっています。朝一の瞑想は特に本番当日お勧めです。瞑想を習慣にすると震えて演奏が出来なくなるほど上がる事は無くなります。

数回練習をします。通し練習ではなく部分練習。それもガンガン弾きまくらないこと。45分セットが2回出来れば上等です。その間、お腹が空いたら朝食。これも軽いもの。バナナの入ったポリッジなどを食べています。

5. ランチ

やっぱりパスタが多いです。具の少ない簡単なパスタが良いようです。

6. 当日午後

出来たら練習数セット。これもガンガンぶっ通しでやりません。通しで弾くのは多分1、2回がせいぜいです。だって、コンチェルトだったら30分、ソナタだったら物によっては40分かかります。それで疲れたら夜まで持ちません。時間があれば瞑想。昼寝ができれば最高です。

夜、7時始まりのコンサートだとしたら、家でメイクアップは済ませてあまりギリギリ出ない時間帯で家を出ます。良くないのは早く着きすぎてしまう事です。演奏するまでの時間、一番いけない事は疲れてしまう事です。本番はどんなに慣れた人でも興奮します。当日で練習不足はありえない事なので、弾くことよりも精神統一と体力温存が大切です。

7. 会場に持っていく物

  1. 楽器、譜面
  2. ドレス、靴
  3. バナナ
  4. ミネラルウォーター+ストロー
1.は当たり前ですが、ピアノ譜は万が一を考えて絶対に持っていきます。ピアニストさんがご自分の楽譜で弾くのが習慣でも、『忘れる』という事故は残念ながら起きます。3.のバナナは演奏家にとても人気があります。楽屋のゴミ箱には必ずと言って良いほどバナナの皮が沢山あります。4.水分補給は絶対に大切です。お手洗いが近くなるからなんて言って水分補給を怠ると身体にきます。ストローはリップが悲惨なことにならないように持参します。この他、人によってはブラックチョコレートとコカ・コーラが絶対必要、という人もいます。(うちは手が震えるのでカフェインは一切とりません。)

8. 楽屋にて

着替えも済ませて落ち着いたら、音出しをして精神統一。信頼できるピアニストとリラックスして良いコンディションで舞台に乗れるようにします。そして時間になったら舞台に颯爽とあらわれ、にっこり笑ってお辞儀をして気持ちよく演奏できれば大成功です🌟💐✨


人気ブログランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村