「本当にピアノが好きで自分の意志でレッスンに来ているからやった曲は忘れないの」といわれて感激した話

ピアノのお部屋

これは今日、本当に久しぶりにレッスンに来た中学生女子の言葉です。もう、小学生の頃から数年教えていた女の子です。
諸事情で何ヶ月もレッスンに来れなかったのですが、今日は久しぶりのご対面です。「いくらなんでも、これはかなり弾けなくなってるんだろうな」と覚悟しながら、おそるおそる、昔やった曲を弾いてもらうと、弾ける(笑)。もちろん、忘れている箇所もいくつかあるのですが、全部暗譜で覚えているの。もう、どびっくり。

彼女は別に専門に進もうと思ってピアノをやっているのではなく、本当に「お楽しみ」「趣味」でピアノを習っています。だからガンガン難曲を弾きまくるのではなく、マイペースでギロックとかの可愛い小曲などを楽しんでいました。私の主義で、一緒に譜読みをして、一緒に部分練習等をやって進めていくのですが、すぐに覚えちゃうので、基本、譜読みが終わったときは暗譜ができてる時、みたいな感じです。だからどんどんレパートリーが増えていって、人前で弾ける曲が沢山あったのです。

驚くことに、小さいのものですが、15曲くらい対して間違えもなく弾けるので、「おうちでいっつも練習してたの?」と聞くと「全然!時間がなかったの」と正直な答え。私はもう、はんば呆れて「あなたは本当に地頭が素晴らしく良いのね。学校の勉強も全然苦労しないんじゃない?」と聞くと、「それは違うのよ」と彼女。

「ピアノはね、本当に好きなの。だから、すぐに覚えられるんだけれど、学校の勉強って、好きなものばかりじゃないでしょう?やらなきゃいけない、と思ってやると、すごく嫌だから簡単に覚えられないの。でも、ピアノは自分の意志でやろうと思って楽しんでいるから、すぐに覚えるし、忘れないんだと思うわ」

もう、ブラボーしかないです。彼女はそう言いますが、学校の成績はかなり良いです。でも、好成績を出すのに、ピアノより苦労をする、なぜなら心から好きでやる気があって、やるワケじゃないから、ということなんですね。子供なのにもう、よくわかっていると感心しました。

弾きながら、どうしてここは覚えているのに、ここは忘れちゃったのか、理由は、とかきちんと分析して説明することもできます。だから基本、本当に頭の良い子だとは思いますが、「好きこそもののなんとやら」です。これが究極の「ピアノ上達法」でしょうね。