オーストリア コロナ情報 ウィーン19区、ベートーベンの遺書の家

ウィーンと作曲家

オーストリア コロナ情報

オーストリア 新型コロナウイルス アップデート

保健省によると、27日15時現在、オーストリアで17名が新たなコロナウイルスに感染し、死亡事例2名が報告されました。これで確定症例数は16,514名です。(死亡645名、回復者数15,228名)

ウィーン19区、ベートーベン ハイリゲンシュタット遺書の家

今朝、体重を測ったら「隠れた脂肪が増えました。食事を減らして運動をしましょう」と体重計に言われ、ちょっとムッとして、生徒が来る前に19区までウォーキングをしました。ずっと歩いて行ったら、ベートーベンのゆかりの地、遺書の家に向かったのでビデオを撮ってきました。みてくださ〜い!

ウィーン市19区 ベートーベンゆかりの地

 

グリンツィンガー通りから右に入って、有名なレストラン・ホイリゲ(美味しい白ワインが飲める)マイヤーを通って小道に入り、ずんずん歩くとベートーベンの遺書の家に到達します。今は中には入れませんが、中では小さなコンサートを開くこともできます。

今日の表紙の写真は娘、リザ・マリアのカルテットでASAGカルテットという名前で全員、ウィーン国立音楽大学の学生です。(今はビオラのメンバーは男の子に変わっているのですが、コンサートがなくって新しい写真がありません。ディーマ、ごめんね。新しく撮ったら載せるからね。写真のビオラの東洋人女性のシャウウェンは今、パリで勉強中)彼らも昨年ここでコンサートしてベートーベン、ハイドンのカルテットを演奏しました。

ここらへんは私にとって特に思い入れの多い場所です。ベートーベンが理由ではありません。遺書の家と並行して通る「グリンツィンガー通り」には息子と娘が通った幼稚園があるからです。フレンチ・スクール、リセの幼稚部です。懐かしい、毎日楽しく通った事が思い出されます。迎えに大きな公園もあって緑も多く、超オススメの幼稚園です。(ただし園内はフランス語)