オーストリア・コロナ状況 モーツァルト・ヴァイオリンコンチェルトA-Dur

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア情報

モーツァルトのヴァイオリンコンチェルト A-Dur

以前、ポーランドで娘のリザ・マリアがモーツァルトのヴァイオリンコンチェルトのソロを弾かせていただいたときに指揮をした友人が、秋に音大のディプロマ(卒試)を受けるというので、また一緒に演奏させていただくことになりました。コロナ禍なのにオケと全楽章弾けるなんて、お客さんがいなくても嬉しい!と大喜び。

これはその時のポスター。ポーランドのグダンツクにて。今日のアイキャッチにしました。この写真はオーストリアの素晴らしい写真家©️Nancy Horowitz の撮影です。

ウィーン国立音大は卒業していなくても活躍している人は結構います。指揮者の彼も、もう結婚していてお子さんもいます。大学卒業前でご活躍という人は他の世界にも結構多く、大きな例だとオーストリア首相であるクルツもウィーン大学の法学部、まだ卒業していません。

さて、話はもどって、久しぶりのこの曲を持ってドーラ・シュヴァルツベルク教授のところに行きました。この曲は「試験」や「コンクール」オーケストラのプローべ(入団試験)の定番です。みんな弾きますが、難しい曲です。

今まで多くの教授のレッスンを受け、聴講もしてきたたのですが、みんな言うことが微妙に違ったりするし、好みもあるし、どの場で弾くかによって演奏の仕方も変えなければいけません。しかしながら娘曰く、どの先生のレッスンも素晴らしく、勉強になっているそうです。

昨晩のレッスンも同様、ドーラの解釈とアプローチも心にグッときます。コケティッシュな部分もあり、魅力的なモーツァルトに私も沢山楽しみました。

昨晩のドーラの名言は、ピアニストの亜紀ちゃん(私達は親しみを込めてこう呼ばせて頂いていますが、ウィーン国立音楽大学の立派なコレペティの先生です)に言ったお言葉、3楽章のところで、

「右手はケルントナー通り(上品にエレガントに)左手はウィーン10区(前述の反対、と言うかトルコらしく?と思ってみてください)で演奏してみて!』

この表現は、あまりにも的を得ていて、全員バカうけして先生も満足そうでした。

レッスンが終わり、かなりお腹の減っていた私達はいつものように1区のレストラン、ポー・ザイゴンへ直行。3人で全菜の盛り合わせをたいらげ、3人とも同じメインディッシュ、大好きなスパイシーなイカのフライを完食しました。夜遅くの揚げ物、ああああ〜罪悪感いっぱいだけど美味しい!!!コリアンダーいっぱいで、スパイシーなサクサクがたまりません。

新型コロナウイルス

現在の感染者数は約2,400人

オーストリアでは現在(8月19日23時現在)2,397件の新型コロナウイルス感染症例が出ています。現在の累計確定症例数は24,280人で回復者は20,960人。実施された試験数は1,049,171件です。
(このORFの報告は疫学報告システム(EMS)の数値を基礎としています。)

入院患者は121人でそのうち20人が集中治療を受けています。死亡者数は合計723人です。

ORF.at/corona/daten

オーストリアの新型コロナウイルス感染者はすでに30万人?

オーストリア健康食品安全庁はオーストリアで新型コロナウイルスに感染している人は30万人と想定しています。オーストリアにおける新型コロナウイルス感染症の未検出症例数は、以前に推定されていた約12万件よりもはるかに多いと思われています。

昨日ZIB2(ニュース番組)で食品安全庁(AGES)の人間医学部門の責任者アラーベルガー氏は、陽性患者数が30万人を超えていることは、絶対に可能性があると、述べています。

オーストリアでは、これまでに約25,000人の陽性反応を出しています。しかしこれは「氷山の一角に過ぎない」と同氏は述べており、新型コロナウイルス死亡率が0.25%とされていること、そしてこれまでにオーストリアで729人が死亡していることからも明らかだと述べています。

news.ORF.at
news.ORF.at: Die aktuellsten Nachrichten auf einen Blick - aus Österreich und der ganzen Welt. In Text, Bild und Video.

無感染症状の人は全く気が付かないだろうし、風邪だと思って治ってしまった人もいるだろうし、沢山いるのかもしれません。症状が出なければそれに越したことはないですが…うつす可能性もあるしねえ。