日本人のピアノの先生が、欧米で現地人(日本人以外の生徒)にピアノを教えて、どびっくりするアルアル話

ピアノ塾

お題通りです。
日本と(多分アジアと?)欧州での生徒の違いは結構あります。
何十年も経った今では、すっかりこちらの子供達に慣れ、真面目な日本人の生徒さんに戸惑いを感じてしまうコトもある私ですが、まあ、いろんなことがあります。同じ日本人で欧米在住のピアノの先生と「そうそう〜〜!!!」と盛り上がるのが以下のような場合です。

小学生高学年の元気の良い子供たち。
学校から直にレッスンにやってきて、ドアを開けて入ってくるなり「先生!お水、く〜ださいっ!!!」英語やドイツ語の丁寧語で「お水をいただけますか?」という子もいるけれど、普通、日本だったらレッスンに駆け込んできて、いきなり「お水ください」って言えませんよね。若い頃、初めて体験した時は本当に驚きました。今は全然慣れていて(というか、子供に水分不足は大敵なので)ガブガブ充分に与えます。

もっと驚いたのは「○○ジュースはありますか?」(しかも丁寧な表現で聞いています(笑)若い頃は「うち、喫茶店じゃないし!」とムッとしたのですが、今では慣れて、こちらも丁寧に、「うちは甘い飲み物は飲まないのでないのよ。お水でよろしい?」と聞きます。返答は「もちろんです。ありがとうございます」。8歳の女の子との会話です。

ある、高校生の女の子はレッスンが終わってお支払いの時、有名ブランドのお財布から100ユーロ札を出し、「お釣りあります?」財布を覗くと、私のお財布よりもキャッシュがたくさん入っていて、目が点になったり。。(こちらでは以前書いたようにレッスン料を封筒に入れる、という習慣がありません。ニコニコ、キャッシュで現金会計です)

日本で人気のYouTuberのピアノの先生が、子供時代に先生に「お手洗いに行きたいです!」のひとことが言えなくて、真っ赤になって、思いっきり我慢する姿が「アルアル」でみんなに受けていますが、こちらだとそれは、ほぼない悩みのようです。

全員がしっかり、「お手洗いを貸してください!」とはっきりと申し出て、堂々と行ってきちんと手を洗って帰ってきます。こちらも下手に我慢されて、膀胱炎にでもなられたら困るので、どうぞどうぞ、って感じです。

しかしまあ、身体に支障が起きるような喉が渇いたとかトイレに行きたい等の生理現象は怖がらないで発言することが大切ですね。

先日新しく生徒になった某アジア国出身の7歳の女の子は超可愛かったです。とても集中してレッスンしていて、「はぁ〜〜〜っ」と息をついて一言、「まだ2回目のレッスンだから、とてもエキサイティングしちゃって、喉が渇いてたまらないの。お水を飲んでも良いですか?」と言って、自分の持ってきたミネラルウォーターを一気飲みしていました。自分で飲み物を持参、っていうのはやっぱりアジアのメンタリティーですね。感心。

しかし、今考えると、私も言えなかったなあ〜。レッスン中に「お手洗いをお借りしてよろしいですか?」なんて。「お水が飲みたい」なんて、そういう発想自体なかったです。やっぱり我慢しすぎは良くないかもです。なんでも(まあ、限度はあるけど)言える環境はやっぱり健康的ですね。