ウィーンのブラームス像とオーストリア新型コロナ状況 去年の今頃は。。。

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア・ウィーン情報

写真はウィーン、カールスプラッツのレッセルパークにあるブラームスの像です。彫刻家ルドルフ・ヴェイルの作品。この像はウィーン市の出資により、1908年にブラームスの75歳の誕生日を記念して除幕されました。ブラームスは1872年よりウィーンで過ごしています。

オーストリア新型コロナウイルス状況

ブロン先生と居た去年

世の中は今年の3月から新型コロナウイルスでガラッと変わってしまいました。
Facebookやインスタで、「去年の今頃の写真」がオファーされてきますが、それを見て悲しくなります。

去年の今頃はドイツで連日ブロン先生のレッスンを受け、お食事も一緒、色々のお話をうかがって最高に幸せな時を過ごしていました。
それが今は簡単に国外に出られない、先生ともお電話でお話しするくらいしかできません。去年の今頃は今の状況が想像できたでしょうか?去年の写真を見て、ひたすら懐かしく悲しくなります。一刻も早いコロナの収束を祈りますし、ブロン先生も、周りの方々もみんな元気でいらして欲しい気持ちでいっぱいです。

オーストリア保健・食品安全機関 (AGES)のダッシュボードより

 
先週火曜日からダッシュボードは保健省からオーストリア保険・食品安全機関のAGESに引継がれています。現在(昨日午後2時現在)の感染者数は19,910人。新システムでは回復者の登録が遅くなっています。

  • オーストリアの累計確定病例数は68,414人
  • 過去24時間内での新規感染者数は1,121人
  • 住民10万人あたりの過去7日間の新規陽性発生数は109,9件
  • 入院治療患者数は889人、集中治療室患者数は145人
  • 新規感染者数数は1,524人
  • 合計927人が死亡しています

(ORF.atは常に疫学報告システム(EMS)の数値を元に報告しています)