ピアノにハマる生徒さんたちと、教える事のありがたさについて

ピアノとヴァイオリン

やる気のある生徒さんに囲まれて幸せな日々をおくる私です。

子供時代に習っていて大人になってからまた始めた再会組と全く初めての人、といろいろいるのですが、全員の共通点は「みんなピアノが好きで習う姿勢がかなり積極的」だということです。考えてみれば、ピアノに興味がなかったり、好きじゃなかったら習いにくるわけもないので当たり前なのですが、それにしてもこちらが「羨ましいなあ」と思うほど、「ピアノ愛」が止まりません。

数人は積極的にネットで曲を見つけてきて、「これ、弾きたいわ。私にできるかしら」なんて感じで持ってきます。かなりマイナーのものもあったりして、私も楽しい。最近では、リストが編曲したベートーヴェンのシンフォニーのピアノ譜を持ってきた人がいて、私も初めて弾いて楽しみました。

若い時は好き嫌いが多くて、自分で選んで弾いた曲にかなりの偏りがあったのですが、若い頃は「こんな内容のない曲!」なんてエラソーに思っていた曲が、今は新鮮で楽しかったりします。

やる気のある人達のおかげで私の生活も潤う、ピアノを教えることができるというのはなんと素晴らしい職業かとつくづく思います。

どんなレベルの人を教えていても、こちらが新発見をして学ぶことも多いものです。
ムスメは専門希望の子供と音大生を教えていますが、

「人に教えるという事は、自分が教授から習った貴重な事を人に伝え、それによって自分の中で詳細が確実なものになり上達する。そして生徒もまるで教授に習ったかのような演奏になって上達する。お互いにウィンウィンでこんな素晴らしいことはない」と言っていたのですが、実にその通りです。

前にも書きましたが、クラシックに興味がある、とか好き、という感情は全ての人にあるものではないので、ありがたいことです。