絶対音感はピアノやヴァイオリンに必要?絶対音感があると、良いことがあるの?

ピアノ塾

私の個人的意見ですが、絶対音感があってもピアノやヴァイオリンの演奏が残念だったら、なんの意味もありません。演奏が上手ならば、別にいらない、と私は思います。

オーストリアでは日本ほどピアノやヴァイオリンを習うことが一般的でないため、「絶対音感ブーム」なるものはあまり聞いたことがありませんが、日本の友人によると、生徒集めには良いキー・ワードとなると聞きました。食いつく親御さんも多いようですが、これ、いったい何に使うんでしょう?なんのメリットがあるのでしょうか?頭が良くなるのかな?など色々考える方がいると思います。

日本で音楽大学を受けるのであれば、絶対音感はあるに越した事はありません。なぜなら入試に「調音」や「初見視唱」の科目があるからです。そのためには、数年間きちんとソルフェージュの訓練を受けなければ入試を通過する事は難しいかもしれません。私も他の音大出身者同様、小さい頃から音大受験を頭に入れていたので、ソルフェージュのレッスンも受けて、しっかり絶対音感が身につきました。

だけど、どんな曲を聞いても、全部ドレミの音名で聞こえます。

曲によっては、体調の悪い時はフラット系(例えばDes-Dur)で聞こえて、ハイな時はシャープ系(Cis-Dur)で聴こえるので本当に不思議です。どの曲を聞いても、カタカナの「ドレミ」で聴こえるので、慣れてしまっては居るものの、ただの音だけで(ららら〜みたいに)聴こえたらどうなんだろうな、と思います。これって、本当は良くない事なのかも。

娘は絶対音感がありますが、ドレミでは聴こえないそうです。この音は何?といわれたら、どの高さのCisとかDとか当てられるけれど、始終ドレミで聴こえるのはママの頭がおかしいんじゃないの?と失礼なことを言っています。

ヴァイオリンを学ぶのに、音感は絶対に必要ですが、平均率だ純正律だあるので、これはまた別のめんどくさいお話になります。

基本的に、相対的な音感があればそれはそれで充分なのではないかと思っています。

特に訓練はしませんが、ピアノのレッスンで音当てクイズは子供たちのお気に入りです。

レッスン初日で、ドレミを覚えたと同時に、単音で音を当てることからはじめて、和音に音を増やしていくと、本当に聴こえるようになってきます。考えてみれば、三声や四声の調音も、こうやって訓練してきたので、訓練次第で耳は育っていきます。そんなに大変な仕事ではありません。

単音よりも、和音として、和声の色の違いや変化を聴き分けられる事の方が理想のような気がします。よって、絶対音感は、それだけをつけるのが目的ではなく、音楽の学習の際に同時に自然に学ぶものであって、音だけ当てられてもなんの意味はないのでは?と思っています。