ピアノのレッスン 素人の親御さんの、素直な、しかし無謀なリクエストに応える

ピアノ塾

*ウィーン、ヴォティーフ教会近くの公園の室内楽をやってる感じの像。普段は人がいっぱいで写真を撮りにくいのですが、今日は誰もいなかったのでラッキーでした*

長年ピアノを教えていると、色々な親御さんと出会います。
とんでもなく、どびっくりな要求を、本当に素直に、無邪気な目で要求されることにはもう、慣れっこになっています。だから驚きません。

妹がバリバリに上手になってしまって、すねてしまっているお姉ちゃんに「もっと難しい曲を弾かせてあげて」とか

「あのドラマで出ていた、タララタララ〜っていう綺麗な曲(ベートーヴェンの月光ソナタ1楽章)を弾けるようにしてあげて」とか

面白いところでは、2週間に一回しか来れないけれど、他の生徒さんのように上手にして(これは即お断り…)などたくさんあります。

今日は、コロナ禍で数ヶ月レッスンが抜けていた8歳ちゃんママが「何か新しいソングをあげて下さいますか?」とメールしてきました。この数ヶ月で忘れたことを思い出すべくプログラムを考えていたのですが、計画変更。

ブルグミュラーもろくにやってないのに、どうせかっこいい曲が良いんだろうな、どうするかな、と思い、数曲選んで選んで、私が弾いてその子に選ばせました。想像通り、彼女の選んだのはクレメンティのソナチネop36。

それはもう、目を輝かせて、「I love it, I live it!!!!!」の嵐。

ソナチネアルバムの簡単なものは、基本、短いスケールとアルペジオから成り立っているので、とても勉強になるのです。

バラして練習方法をきちんと教えると、それはもう素晴らしいエチュードのようなものになって、かなりテクニックが付きます。まずは左手をきちんとゆっくりテンポが揺れずに弾けるようにして、たまに出てくる右手の16分音符はこれまた部分練習、リズム練習などをします。

幸いなことに、本人がやる気の塊で「早く弾けるようになりたい!」という気持ちがあって、練習してくれるので助かります。

7月からは夏休みです。うちの生徒の多くは、優雅に長期のバカンスに出るので、長い間レッスンが抜けるのですが、今年はコロナ禍で居残り組も多く、週に2回来るやる気まんまんの親御さんもいるので、それなりに賑やかな夏になりそうです。

クリスマスには小さなホームコンサートができたらいいな、と夢見る私です。