ウィーン・テロ襲撃事件2日目 Staatstrauer 1. Tag

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア・ウィーン情報

ウィーン・テロ襲撃事件 2日目

昨日は興奮でなかなか眠れなかったのですが、少しずつ落ち着きを取り戻してきています。

昨日の月曜、夜8時ごろ、ウィーン1区の飲食店の「バミューダ・トライアングル」で襲撃は始まりました。この攻撃により、現在のウィーンはセキュリティレベルがマックスとなっています。

死者は4人(ウェイトレス1人と民間人3人)22人の重軽傷者が出ました。(現在は13人が入院中で3人が重体)(11月3日(火)現在の情報)

警察により9分後には射殺された加害者1人はテログループのシンパでオートマチック・ライフルと大量の弾薬を持っていました。爆発物のベルトは偽物でした。射殺された場所はウィーンで最古の教会のひとつである、ルプレヒト教会の近くです。

20歳男性、オーストリアと北マケドニアの国籍を持ち、前科がありました。22ヶ月の実刑判決を受けていた加害者容疑者は、更生しテログループ離脱するという理由で早期に出所していましたが、オーストリア司法が欺かれた形となったとネーハマー内務大臣は述べています。

内務大臣によると、この男性周辺の14人が暫定的に逮捕されており、第二の加害者の可能性はないとのべています。
ウィーンとニーダーエスターライヒ州で、これまでに犯人周辺の家宅捜索が18件行われており、加害者アパートで弾薬の一部など、広範な証拠が没収されたそうです。

このテロ事件の後、今日からオーストリアは木曜日まで3日間喪に服します。

本日は正午に1分間の沈黙が行われました。連邦大統領以下、多くの高官政治家が集まり、犠牲者を追悼するために1区で花輪贈呈を行ない、ウィーンの教会の鐘は犠牲者を追悼するために鳴り響きました。

夕方にはウィーンの聖シュテファン大聖堂で犠牲者の追悼式が行われました。シェーンボルン枢機卿が主宰するこの礼拝には、ファン・デア・ベレン大統領、クルツ首相、ルートヴィヒウィーン市長などが出席します。コロナの危機と現在の治安規制により参加者が限られているため、ORFでは午後6時に葬儀の様子を生中継し、私も見ました。

ウィーン市内で確認された犯行現場は、シナゴーグのすぐ近くのSeitenstettengasse、Morzinplatz、Salzgries、Fleischmarkt、Bauernmarkt、Grabenの6つです。

ウィーン1区はレッドゾーンと宣言されているので、避けた方がいいでしょう。

フェイクニュースには引き続きご注意ください。ウィーン警視庁の正式な発表のないものは、用心深く扱うことが大切だと思います。

Source: Die Presseのウェブサイト

Terror: Vier Tote und 22 Verletzte, 14 Personen in Untersuchungshaft
Das der Polizei vorliegende Videomaterial lässt auf einen Einzeltäter schließen. Er tötete vier Menschen, darunter eine Deutsche. Bis das gesamte Material ausge...

今日はテロのせいで90%の商店は閉店していましたが、明日からは開店される予定です。

オーストリア新型コロナウイルス状況

オーストリア保健・食品安全機関 (AGES)のダッシュボードより

11月3日14時現在

Lage in Österreich: Coronavirus in Österreich: Daten und Karten
Damit alle die Ausbreitung der Coronavirus-Infektionen in Österreich kompakt überblicken können, zeigt ORF.at mit genauer Zeitangabe die aktuell verfügbaren Cor...
  • 住民10万人あたりの過去7日間の新規陽性発生数は356(+12)件
  • 累計確定病例数は118,715人
  • 現在の新型コロナウイルス症例数は54,812人
  • 入院治療患者数は1,825人(+168)で、集中治療室患者数は336(+45)人
  • 総検査数は2,279,501人
  • 1,169人が死亡しています
  • 回復者数は62,734人

入院患者数が爆増しているのが気になります。