オーストリア、コロナ情報とウィーンで不正乗車をすると?

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア情報 新型コロナウイルス状況

オーストリア、今日のコロナ状況

現在の患者数は1,434人

オーストリアの現在の新型コロナウイルス患者数は1,434人です(8月4日23時現在)。現在までの感染者は全体で21,488人、19,336人が回復しました。すでに全国で合計916,778件の検査が実施されています。

現在、107人が入院治療を受けており、そのうち23人が集中治療を受けています。疫学通知システム(EMS)によると、オーストリアで新型コロナウイルスで700人が死亡しています。

ORF.at/corona/daten

本日、8月5日(水)10時現在の新規患者数は77人です。このまま0時まで100人に増加するでしょうか?しない事を願います。

さて、コロナ禍でも電車は毎日走っています。今日はそのお話をちょっと。

ウィーンの交通事情

ウィーン交通、不正(無銭)乗車する人の減少!

これは今年初めの記事です。ざっくり下に訳しましたが、ウィーンは多くの人が年間定期券を購入していて、不正乗車をする人が他の欧州国と比べると少ない、立派である、といった記事です。

Wiener Linien zählen wenige Schwarzfahrer
In den Wiener Straßenbahnen, Bussen und U-Bahnen sind voriges Jahr rund 93.000 Fahrgäste ohne Ticket erwischt worden. Das sind 1,9 Prozent. Im internationalen V...

昨年、ウィーン市内の路面電車やバス、地下鉄で、不正乗車をして捕まった人は約9万3000人でした。これは国際的に見て、とても低い数字です。

ウィーンの公共交通機関では、毎日約100人の検査官がコントロールしています。昨年は490万人の乗客がコントロールを受け、うち9万3000人が不正乗車をしていました。検挙率(というのか?捕まえた確率)は2018年と同様、昨年も1.9%でした。

このように、ウィーン交通の乗客はヨーロッパで最も正直者です。ベルリンやハンブルクでは乗客の約5%がチケットなしで捕まり、パリでは10%もの乗客が捕まっています。

罰金は105ユーロ 乗車券コントロールは怖い。トラウマ。

ウィーン交通によると、「2012年以来、年間定期券は1日1€という値段で提供されています。これはリーズナブルで許容されているということです。(よって無賃乗車する人が他所の国より少ない)
10年前には3.3%の乗客が切符なしで捕まっていました。不正乗車の罰金は105ユーロの罰金です。その時に乗っている分の料金を持っていない場合は、115ユーロまで増える可能性があります

私も年間定期券を持っています。365ユーロです。これでウィーン市内は乗り放題なので、東京に比べると激安です。年間定期券だと例え忘れても自分のナンバーがあるので検査員に氏名を言えば罰金は受けずに済みます。

以前私はひと月ごとの定期券を使用していたのですが、これは人に貸すこともできるので、乗車時に持っていないと罰金になってしまいます。お財布を忘れたりするとそれはもう、完璧アウト。

その昔、通勤中にコントロール、財布を忘れたことに気がついて、真っ青になって、

「持ってるのよ、うちにあるの!お願い、うちまで一緒に来て!見せてあげるから!!!」と懇願したのにダメなことが2回ほどありました(当然ダメ)

今でもコントロールの人が来て、「Fahrscheinkontroll bitte」(乗車券のコントロールです!)と言うと以前のトラウマを思い出し、心臓バクバクして口から飛び出しそうになります。慣れません。

乗車券コントロールを受けてナイフで襲いかかった人

が、先日いたようです。これはウィーン交通ではなくてオーストリア鉄道の中だったようですが、似たようなもの。

https://kurier.at/chronik/wien/oebb-kontrolleure-bei-fahrscheinkontrolle-mit-messer-bedroht/400990787?utm_medium=Social&utm_source=Twitter#Echobox=1596537883

月曜の朝、27歳のスロバキア人の男が乗車券コントロールを受け逆上、ナイフで職員を脅し逃げ去ったそうです。そのあと検査官は追いかけて、最後は警察官に逮捕されたそうです。乗車券をコントロールする検査官の人も命がけですね。