オーストリア、コロナ状況とウィーンのネット事情、ザルツブルク空港でのPCR検査

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア情報

新型コロナウイルス状況

新型コロナウイルス患者は微減

オーストリア全土で現在、新型コロナウイルスの患者数は1,381人(8月7日23時現在)。前日比で人2減少。累計確定症例数は21,767人、回復者数は19,596人です。全国で合計937,275件の検査が実施されています。

現在の入院患者数は117人でうち25人が集中治療を受けています。疫学報告システム(EMS)によると、新型コロナウイルスで708人が死亡しています。

ORF.at/corona/daten

ウィーンでもネットの誹謗中傷はダメ

被害にあったのはウィーンで有名な「ロース・バー」のゴット・マザーと呼ばれるマリアンヌ・コーンさん。彼女はスタンダード紙でのユーモラスなインタビューに応じたのですが、その件でオンラインのフォーラムに酷い書き込みがされました。ダイレクトな「ストリート売春婦」とか「街で知られるアバズレ」等の言葉の数々。

彼女の店で働くユダヤのルーツを持つバーテンダーも反ユダヤヘイトの書き込みをされるはめに。

「私はそう簡単に怒る人間じゃないわ。でもこれは行き過ぎ。全部ウソ。侮辱と誹謗中傷、法的措置をとります」と言います。彼女の元夫はスター弁護士のルディ・メイヤー氏。彼がこの事件を担当しています。そしてメールアドレスの提示は当たり前のこと、と自信満々です。

コーン私は「この訴訟は私の為だけではありません。ネットで侮辱されても自己弁護できない人たちのためにもやってます。書き込みをしたのは多分女性です。彼女の雇用主がこれを読めば、彼女は仕事も生活も失う可能性があります。」

"Bordsteinschwalbe": Jetzt klagt Wiener Bar-Chefin
Marianne Kohn geht jetzt rechtlich gegen Beleidigungen im Netz vor. Damit setzt sie ein Zeichen für alle, die sich nicht selbst wehren können.

ロース・バーは建築家、アドルフ・ロースが100年前に設計した有名なバーです。コーンさんは80年代からこのバーを盛り上げてきたウィーンのゴット・マザーのような存在だそうです。しかし、元旦那さんがスター弁護士では書き込みをした人、勝てそうもありませんね。そして反ユダヤ発言は欧州では特にかなりダメです。

HOME | loosbar

ザルツブルク空港でのPCR検査の開始

ザルツブルク空港でPCR検査が開始されます。料金は150ユーロ。コンタクトはこちらまで。↓

KONTAKT
Labor Pharmgenetix
Tel: 0662 203066-0
Email: office@pharmgenetix.com

乗客だけではなく、一般の方も検査を受けることができます。検査結果はメールにて24時間以内に送られます。

Salzburg Airport: Covid-19 Maßnahmen
Um weitere Ansteckungen mit Corona zu vermeiden, achten Sie bitte auf Einhaltung des Mindestabstands zu anderen Fluggästen, Besuchern und unserem Personal. In B...