オーストリア・音楽の都「ウィーン」日本が見たイメージの違い

オーストリア・ウィーン情報

オーストリア・音楽の都「ウィーン」日本が見たイメージの違い

相変わらずのクラブハウス沼で、
お会いしたことのない
日本の方々と
おしゃべりを
楽しませていただいています。

そして
面白いことに気がつきました。

多くの人が、
ウィーンとは
「音楽の都」
というイメージを持っていて、
子供はみな誰でも小さい頃から
みんなピアノやヴァイオリンを習い

それらのレベルも
超高いのであろう!
と。。。。

レベルの話は別として、
全然あてはまらないイメージを
いくつか発見しました。

そのひとつは
多くの人が、
ウィーンでは子供は誰でも
ピアノやヴァイオリンを
お稽古で習っていると
信じている
ことです。

子供のピアノのお稽古率は
日本と比べると
かなり低いです。

ヴァイオリンとなると、さらに低い。

私が住んでいた
日本の都内某区では、
うちの近くの通りに
3人くらい音大を出た
ピアノの先生が、
いわゆる
「ピアノ教室」
を個人で開いていて、
それぞれ結構な数の子供達を
教えていました。
「〇〇(個人名字名)ピアノ教室」の看板を掲げている
風景を私の実家付近でたくさん見かけました。

ウィーンで私は
その手の看板を
見た事がありません。

日本のネットでは
「「ピアノ教室で月収100万円!」
とか
「月間生徒数70名!」
とか普通にありますが、
私は毎回、驚いてみています。

ウィーンでは事情が全く違います。

子供が楽器を習いたいと思った場合、
多くは市が運営している
音楽学校
の門を叩きます。
(音大の付属校やいわゆるヤマハのような音楽教室ではない)

そこは市が経営しているので
授業料が安いです。

だから趣味で習うのに
わざわざ、もっと高い
レッスン料を払い、
個人に習いに行こうと
思う人は多くありません。

そういう点で、ウィーンは
「音楽教室の都」
ではありません。

ピアノやヴァイオリンに
興味があって、
趣味として習う人は習うし、
(みんながやっているからではなく)
専門でやる人は、
初めから音大関係
教授ルートの、
その方面に行けるべく先生のところに通うことが
多いと思います。

要は、「やるかやらないか」
が、はっきりしているのと

「始めたことは趣味としても
最後までやり抜くのが美徳」

というメンタリティーが
あまりないことだと思います。

それでは、
ウィーンのどこが音楽の都とかというと

当たり前ですが
オペラ座や楽友協会のような
歴史的な会場、
有名なオーケストラ
の存在。

オペラ
貧乏な学生が
本来なら高額な席を
かなりの割引で安く観劇できたりする
ような、

クラシックを学ぶ学生を
収入で差別しない

素晴らしい環境こと。

毎年多くの舞踏会があって、
いろんな人がそれぞれの階級で
ダンスで音楽を楽しむ、
そんなことのような気がします。