室内楽をするのはなぜこんなにも難しいのかの件

音楽留学

*今日の写真はお天気の朝のウィーンのオペラ座です*
日本から来た学生さん達同様、うちの娘も同じ難問に遭遇することが多々あります。それは何かというと、こちらの音楽大学で取らなければいけない「室内楽」の単位です。

気の合う、そして同じようなレベルの仲間を見つけるというのは、想像よりも遥かに難しいのです。

なぜなら、日本ではあまり考えられないであろう「時間を守らない学生」が想像よりも、いる、ということです。日本と違って外国は言いたい事をはっきり発言して、嫌なことはやらない、なんて気持ちの良い環境だと思うこともありますが、それがもろに逆に出ることがあります。個人主義が、勝手主義になる。

元々室内楽をやる気がなく、特に第2ヴァイオリンになるとと「ブンブン伴奏をするだけだし、嫌だな、なんか病気っぽいし、よし、行くのはやめよう!」なんて決断を簡単に下す学生も残念ながらいます。他のメンバーのことなんて、考えません。「行くのが嫌だから、とりあえずやめよう。試験やコンサートの前に初見で一回くらいやればいいや〜」

これで泣く日本からの留学生も少なくありません。真面目に室内楽を学んで楽しみたい学生が、そんな学生と組んでしまうと地獄です。

初めはやる気がありそうだったのに、いざ始めてみるととんでもない怠け者だったり、時間感覚ゼロの人間だった、なんて気がつく事も多い。

弦楽器はバッチェラー(音楽大学部)を終えると、大学院に進むのですが、その際、「オーケストラ」か「室内楽」を選ばなければなりません。前は「ソリスト」の部もあったのですが、これは音大の都合でなくなってしまいました。(本当に残念すぎる決定)なので、ソロ志望でも、この単位数のやたら多い「オケ」か「室内楽」を選ばなければならないのですが、娘曰く、単位数が増えても絶対に「室内楽」は嫌、だそうで、よくわかります。

合わせの日を決めてもドタキャンする、レッスンの日に抜ける、こういうことを平気でやる学生が残念ながら少なからず居るのです。その度に日程を組み直し、教授に真面目に出席しているメンバーが文句を言われ、たまったものではありません。

しかし気の合う、そして同レベルのメンバーを見つけた学生は本当に幸せです。

ウィーン国立音楽大学では「シンプリー・カルテット」という優秀なカルテットがありますが、彼らは一致団結して協力し合い、似たような音楽的目的を持って楽しく活動しています。(機会があったら、ぜひきいてみてください)