ピアノ・ヴァイオリンのレッスンの回数 佳奈ピアノ塾へいただいたご質問について

オーストリア・ウィーン情報

ピアノ・ヴァイオリンのレッスンの回数 佳奈ピアノ塾へいただいたご質問について

写真は娘がまだ小さかった時のレッスン用の楽譜。
全て拡大コピーして、厚紙に貼って
レッスンでの細かい指導を全部書き込んで
うちで練習しました。
これを何回もコピーし直してレッスンに行くのですが、
今はiPadがあるので、この必要もないですね。

佳奈ピアノ塾にいただいたご相談から

将来は日本の音楽大学、
もしくは留学を希望する
小学生高学年のお母さまから
御相談をいただきました。
許可をいただいて、書いています。
以下、個人情報はゼロです。

レッスンの回数についてです。

このお子さんの先生のレッスンは
週に1回、60分だそうです。
お子さんも親御さんも
頑張っているので、
曲はドンドン進み、
エチュードもショパン、
バッハは平均律、
曲もかなり進んだものを
弾いているのだそうです。

習うどころか、通して全曲弾いたら
それでレッスン時間の半分くらい
終わってしまうそうですが、
本当にそうだと思います。

先生にもっと具体的に、
踏み込んでご相談することを
お勧めしました。

先生によっては、
「音大希望」
とか
「留学希望」
とか、
ご本人たちの希望が、
正しく伝わっていない場合も多い
ので、
まずはそこからですね。

さて、私がここで、
今まで見てきた限りでは
(日本ではありません)

ピアノにしろ、ヴァイオリンにしろ、
特に、専門に行く環境にある子供の
レッスン回数は、
最低で週に2回です。

時間はその子によって違いますが、
50分だったり、休憩を入れて90分だったりします。

指導も、きちんとした指導者であれば
とても細かくなります。

今日の写真を見ていただけると
ちょっとわかるかもしれませんが、
ヴァイオリンで1時間で2段だけ、
なんてザラにあります。

日本から講習会等で
こちらの先生の指導を受け、
小節ごとにストップをかけられ、
死ぬほど凹む学生さんがいますが、
こんなことは当たり前で
お金を出して習うのですから、
凹む必要はまったくありません。
むしろ、
喜ばなくてはいけないのです。

専門を目指したい方には
そのように指導してくれる先生が必要です。
今はインターネットなどで、
かなりのことがリサーチできますし、
良い先生と巡り会う
可能性も多いと思います。

まずは先生と話し合って
理解してみましょう。

それで、ちょっと合わないかな、
と思うようでしたら、
新しい先生を探してみるのも
いいかもしれません。

先生の探しかたについては
こちらで書いています。

良い指導者の先生と
巡り会えますように!!!