ピアノやヴァイオリンと関係ないですが、これから物価がガンガン上がりそうな予感のウィーンから

ウィーン生活

お題の通りです。
私は今、ピアノやヴァイオリンが防音工事なしで思い切り弾ける物件を探しているのですが、その物件探しで感じることはやはり、家賃も光熱費も、何もかもこれから益々、ガッツリ高くなるよ〜という話です。

戦争のせいかどうかは知りませんが、ガス・電気代の値上がりは異常です。

私の住処は、100平米ちょっとのアパートなのですが、今までの光熱費(ガス・電気代)は月に175ユーロでした。それがまあ、次回からは250ユーロになります。ざっくり換算すると3万円です。こんなにいきなり増えて良いわけ?

家賃だって、コロナ禍は法律で賃貸値上げを抑えられていたのですが、今はコロナは過ぎちゃったことになっているので、大体これまたざっくり、グロスで1万5千円以上増加しました。もうね、すごいですよ。私と娘しか住んでないのに、家賃がいきなり20万円!どこの金持ちだよ、って感じです。

物価が上がったやなんだかんだ言っても、日本からの留学生のおうちの大半は(無駄な貧乏アピールする人もいれば、本当に苦労している学生さんもいる)こちらの一般人と比べると、実際、かなりのお金持ちです。だから今後留学したい人達がそんなに心配することもないと思うのですが、私たち現地人は本当に大変です。本当にみんな、どうやってこれから生活していくのかしら、と思います。

じわじわと、色々な物価が上がってくると思います。

コロナは一応過ぎ去ったテイで、マスク義務が場所によっては無くなったりしていますが、この夏に爆増する模様です。で、秋になったらまたマスク義務、コロナ規制が強くなるのでしょう。

全く、この世の中どうなっていくのでしょう?本当に驚きの目で毎日過ごしてしまいます!